ホームメイドクッキング/ホームメイドクッキング関連情報

クリスマスのお菓子「シュトレン」

今年は、ドイツ家庭のクリスマス用お菓子「シュトレン」を楽しんでみましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

12月に入ると、楽しみにしているクリスマスがやってきます。ヨーロッパの国々ではクリスマス週間が4週間も続くそうですね。
これらの国では、比較的日持ちがする祭事用のパンやお菓子を作って、クリスマスの間それぞれの家庭の味を楽むそうです。

シュトレンはドイツの典型的なクリスマス用のお菓子です。粉糖におおわれた細長い形がイエス・キリストのおくるみに似ているとも言われています。
12月の初めに焼いたシュトレンをクリスマス前ごろから、おやつに一切れずつ切って食べます。

このシュトレンを天然酵母「パネトーネマザー」を使って作りました。
まず中種を作ってから本仕込みをして作りますが、約5時間位と、普通のパンづくりより短時間でできますよ。

小麦粉の中に、ラム酒漬けのレーズンやオレンジピール、レモンピール、アーモンドなどのドライフルーツを入れて焼き上げ、仕上げに粉糖をたっぷり振りかけて、でき上がりです。

このお菓子は焼き上がって、しばらく経ってからの方が味がなじんで美味しくなります。冷蔵庫ではなく室内でおいて下さいね。
今年のクリスマス!!早めに準備をしてみませんか?

 
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
 
☆(1)シュトレン2個の中種の材料:強力粉80g、薄力粉40g、パネトーネ天然酵母大さじ1、砂糖小さじ1、水85cc、   ボールに中種の材料を入れ、生地がまとまったら、蓋のできるケースに入れ、室温で4時間程おいておきます。
     
 

☆(2)本仕込みの材料:強力粉40g、薄力粉40g、はちみつ60g、塩小さじ2/3、スキムミルク大さじ1、卵黄1個、水大さじ1、無塩バター40g、アーモンドプードル40g。
☆(3)ラム酒漬けドライフルーツ150g、アーモンドスライス20g。

  1・発酵した中種と(2)の本仕込みの材料を合わせてよく捏ねます。バターが入っているので捏ねにくいですが、よく捏ねていくうちに艶が出てきます。
ホームベーカリーやもちつき機で捏ねると手軽にできます。
     
 
2・打ち粉をした台の上に、捏ね上がった生地をおき、二つに分けておきます。   3・20cm×15cm位の大きさにめん棒で広げ、(3)漬け込みドライフルーツ半分と、軽くローストしたアーモンドスライス半分を、生地の2/3位に均等にちりばめます。
     
 
4・手前の1/3の生地を折り、漬け込みフルーツを軽く押さえて、さらにもう一度折り、とじ目を下にして、軽く上からおさえ形を整えます。  

5・170℃に温めておいたオーブンで50分間焼き上げます。
25分位たって、焦げ目が付き始めたら、上にはアルミホイルをかぶせ、下は天板を重ねて、焦げ目が濃くなりすぎないように温度を調節してください。

     
 

6・焼き上がったら、溶かしバター(無塩バター80g)をバットに入れ、充分しみ込むように刷毛などで全体によくしみ込ませます。

  7・バターを充分しみ込ませたら、今度はシナモンシュガーを全体にまぶして網にのせて冷まします。
     
8・充分冷めたら粉糖を万遍なく全体に振りかけます。クリスマス用にいろんな飾り付けをお楽しみくださいね♪
一週間ぐらいたってから食べ始めると、味がおちついて一段と美味しくなります。
     
゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
イタリア生まれの天然酵母「パネトーネマザー」にもシュトレンの作り方があります♪
 
(C)Nov.2002 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda

更新日:2002年11月27日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する