アロマテラピー/アロマテラピー関連情報

冬に嬉しい! アロマバスオイルの作り方

冬に嬉しいエッセンシャルオイル入りのバスオイルを作ってみよう!これで身も心もほっかほか。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寒い夜に嬉しいのが温かいお風呂。そこに血行促進と保湿が加われば、寒くて乾燥のこの季節にピッタリですよね。そこにエッセンシャルオイルの素晴らしい香りが更にプラスされるなんて、贅沢で最高のバスタイムが過ごせそう。手作りのアロマバスオイルにチャレンジしてみませんか?

<冬に嬉しいワケ その1>
寒い時期には普通のお風呂でも体が温まります。そこに血行促進の作用があるエッセンシャルオイルを入れれば、体の芯からぽかぽかと温まるんです。
甘い香りなら心もほかほかと温めてくれます。


<冬に嬉しいワケ その2>
皮膚が乾燥する季節には、エッセンシャルオイルだけをお風呂に入れるのではなく、キャリアオイルも入れると保湿作用が期待できます。またエッセンシャルオイルの中には保湿に有効なものがあるので、それをブレンドしてもいいでしょう。


<冬に嬉しいワケ その3>
空気が乾燥すると風邪をひきやすくなります。その対策法のひとつがうがいなのですが、呼吸器系の殺菌、消毒、喉の痛みや咳の緩和に役立つエッセンシャルオイルを入れればお風呂で穏やかな蒸気吸入ができます。ゆっくりと深い腹式呼吸をしてみてください。


さぁ、ではバスオイルを作ってみましょう!

更新日:2001年12月15日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する