ホームメイドクッキング/調味料・作りおきレシピ

ふきのとう味噌

春一番の香り、ふきのとう味噌は、香りとほろ苦さが美味しさの秘訣!。おにぎりに、お茶漬けに、またパンやパスタにもぴったり!簡単手づくりで春の香りと味をお楽しみください。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ふきのとう味噌

カテゴリー:手作り味噌ふき味噌

 

春山菜の楽しみ・ふきのとう味噌

春一番の山菜は、淡い薄緑色の可愛いふきのとう。 口に入れると、ちょっとほろ苦い味わいが、なんともいいですね。薄く衣をつけて山菜天ぷらに、また佃煮に、そしてふきのとう味噌などいろいろと楽しめます。 ふきのとう味噌は、芽を出した柔らかいふきのとうを、さっと茹で細かく刻み、練り味噌と合わせます。独特の香りとほろ苦い味わいは、ご飯がよりおいしくすすみます。今回は、白味噌と赤味噌を使って、2種類のふきのとう味噌を作りました。

ふきのとう味噌の材料(

ふきのとう味噌の材料
ふきのとう 約100g
小さじ1
白味噌 大さじ2
砂糖 小さじ2
みりん 大さじ1
赤味噌 大さじ2

ふきのとう味噌の作り方・手順

ふきのとう味噌の作り方

1:

ふきのとうは外側だけを取り、きれいに洗います。たっぷりの湯を沸かし、塩小さじ1を加え、ふきのとうをさっと茹で、冷水にとります。

2:

水気を絞り、細かく刻みます。

3:

練り味噌を作ります。鍋に白味噌、砂糖、みりんを入れ弱火で混ぜ合わせ煮詰めます。

4:

そこに刻んだふきのとうを入れ、混ぜ合わせます。ひと煮立ちさせて火を止めます。上品な甘さとふきの香り、ちょっぴり苦味がおいしい、ふき味噌ができました。

5:

赤味噌も同じように調味料を合わせます。

6:

刻んだ蕗のとうを入れ、ひと煮立ちしたら火を止めでき上がりです。 こちらはさっぱりとした味わいと、そしてふきの香りと苦味がおいしい練り味噌です。

7:

春一番に楽しめるふきのとう。ふきのとう味噌にしておにぎりや豆腐田楽に、そしてパスタソースやパンにつけても思いがけないおいしいです。ぜひおためしください。

ガイドのワンポイントアドバイス

生のまま刻んでサラダ油でさっと炒めると、よりふきのとう苦味が味わえます。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する