男の料理/鍋もの・和食レシピ

魚の一夜干し

アジやカマス、サヨリなどを塩をして一晩陰干しすると、旨みが増して、とてもおいしくなります。保存のためではなく、美味しく食べるためですので、ごく薄塩で仕上げます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
魚の一夜干し

カテゴリー:干物一夜干し

 

魚の一夜干し

アジやカマス、サヨリなどを塩をして一晩陰干しすると、旨みが増して、とてもおいしくなります。保存のためではなく、美味しく食べるためですので、ごく薄塩にします。 今回は90分から2時間程度でごく簡単に一夜干しが作れる乾燥機、「エアドライ」を使いましたが、虫や猫が来ないように、ホームセンターなどで売っている干物用の網に入れて一晩干しても結構です。

魚の一夜干しの材料(6~7人分

一夜干しの材料
カマス アジ、サヨリなど 適宜
魚の重量の1~3%
塩加減は好みで調整します。3%だと通常の干物ぐらい。1%だとかなり薄味ですが、魚の味が生きておいしいです。

魚の一夜干しの作り方・手順

一夜干しの作り方

1:

魚は背から包丁を入れて開き、内臓を取り除いて、キッチンペーパーで血などをよくふき取る。

2:

魚にまんべんなく塩をふり、軽くたたいて身になじませる。

3:

そのまま一晩干す。今回は風を送って素材を乾かす乾燥機(実は生ゴミ処理器でもある)、エアドライを使ったが、その場合は90分~2時間程度でできる。 ※乾燥機に入れるために今回は魚の頭を落としたが、通常は頭をつけたままでよい

4:

一夜干しができたら、焼いて供す。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月25日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する