ノートパソコン/ノートパソコン関連情報

安いだけの小型軽量パソコンを買う前に

Eee PCなど低価格パソコンが人気だが、インテルがAtomという小型製品向け製品を発表しようとしている。これが登場することで、B5ノートも含め小型のネット端末市場が変わろうとしている。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Eee PCが日本でも販売されるなど、安くて軽いB5ノートが注目されている。
半導体最大手のインテルは、そのような安くて軽い小型軽量製品向けのプラットフォーム「Centrino Atom」を2008年第二四半期にリリースする。これは、ノートパソコンに使われるCore 2 Duoより機能を押さえながら、最新技術を採用し小型軽量製品向けに特化された半導体だ。
これを採用したネット接続端末は、従来より高機能ながら小型軽量になる模様で、2008年春以降は安くて軽いB5ノート未満の製品ラインナップが充実することになるだろう。
そうなると注意しなければならないのが、2008年第一四半期までに発売された価格が安く軽量な製品との機能差だ。

インテル Centrino Atom
インテルのAtomおよびCentrino Atomのロゴ

一部の低価格製品は、ニコニコ動画やYouTubeなどのFlashを使ったWebサイトが満足に動かない程度の性能しか無いものがある。Centrino Atomを使った製品がどれくらいの性能を出すのかはまだわからないが、一般的に使われるFlash程度なら問題なく動作するくらいの性能を目標に開発されているようだ。
そうなると、単に価格が安いからと言うことで低機能の小型製品を選んでしまうと、1年もしないうちに陳腐化してしまうのは確実。

それもふまえて、

今使える手軽な小型PC

として低価格製品を選んでいるなら問題はないが、購入者のブログなどをみてみると、性能はともかく、単に安い小型軽量ノートパソコンとして購入してしまっている方が意外に多いのが気になる。

そのような方の多くは、数年使うことを想定して選んでいるのだろうが、Centrino Atomが登場することで小型軽量のネット端末市場が切り替わる時期なだけに、本当にそれでいいのかじっくり考えた上での製品選びが必要になるだろう。

昔からノートパソコンを持ち歩いている方はともかく、最近になって安いのが出たから購入するような方の多くは次のような用途で選んでいるのだろう。

通常のB5ノートは20万円前後とそこそこ高いが、バッテリ駆動時間なども含めそこまで高機能でなくてもいいので、価格が安く気軽に持ち運べる製品。

出先でちょっとWebサイトをみたり、メールのやりとりや、Office関連文書を確認するような使い道だろう。

それだけの用途ならどんな低価格製品でも問題なく使えるが、前述したニコニコ動画などは比較的性能の高いハードウェアも必要で、2008年3月現在売られている低価格PCでは動作が難しい物も多い。今のところそのような制限があるのは一部用途のみだが、AdobeのAIRやマイクロソフトのSliverlightなど、よりリッチなネットアプリケーションや動画配信サービスが普及する傾向にある。
近いうちに動作が難しいネットサービスが増え、出先でWebサイトをみるような用途でも不便になる可能性がある。

また、単にWebブラウズ・Office文書の処理程度の用途なら、iPhone・iPod touch、携帯電話などで現在でも制限がありながらも可能だし、Centrino AtomがターゲットとするMID(Mobile Internet Device)などのノートパソコンより小型のネット端末でできるようになるのは確実。

ちょっとした用途なら高価なB5ノートを選ぶ必要はなくなるのである。

せっかく買うB5ノートならフル機能搭載の製品を

更新日:2008年03月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する