ホームシアター/ホームシアター関連情報

テレビ基礎講座 簡単!映像調整入門

必要なのに知らされない。 知りたくても、取扱説明書に書かれていない! そんな、テレビの映像調整について、基礎知識から調整方法まで、分かりやすく解説します!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビは「映像調整」が必要

あるメーカーの調査によると、テレビを購入して設置後、6割~7割のユーザーは、映像調整をしないそうです。

テレビの映像は「光」であり、その見え方は、照明や外光などによって大きく左右されます。

つまり、ユーザーが、設置場所の照明環境に合わせて、「映像調整」をする必要があるのです。

ところが、製品の取扱説明書には、一部のメーカーを除き、調整方法はおろか、各項目が何に対する調整なのかさえも明記されておらず、これでは、調整できる訳がありません!

今回は、広く普及している液晶テレビについて、ガイド鴻池が、映像調整の基礎知識と、映像調整方法ご紹介します!

 

まず、5大調整項目を整理

液晶テレビの映像調整における5大項目は:

1. バックライト

2. ブラックレベル

3. ホワイトレベル

4. カラー (色の濃さ)

5. ティント (色あい)

、と言えるでしょう。

写真は、パナソニック「ビエラ」(液晶)の映像調整画面ですが、パナソニックに限らず、いくつかの項目は、筆者鴻池の挙げた5大項目と一致しません。

これは、調整の対象が同じながら、各メーカー間や関連業界で、統一した用語が使われておらず、「呼び方」が異なるケースがある為です。

次ページで紹介する、調整方法の解説で混乱しますので、まず、ISFの推奨呼称を基準とし、大手テレビメーカーが使用している呼称を整理しましょう。

ISF推奨 パナソニック ビクター 東芝 三菱
バックライト バックライト
ブラックレベル 黒レベル
ホワイトレベル ピクチャー コントラスト
カラー 色の濃さ
ティント (Tint) 色あい

 

ISF推奨 シャープ ソニー 日立
バックライト 明るさ バックライト
ブラックレベル 黒レベル 明るさ 黒レベル
ホワイトレベル 映像 ピクチャー 明るさ
カラー 色の濃さ
ティント (Tint) 色あい

ご覧の通り、いくつかの違いがありますが、特に、「明るさ」については注意が必要です。 シャープでは、バックライトの「明るさ」を調整するのに対し、ソニーは「ブラックレベル」の調整、日立では「ホワイトレベル」の調整と、異なる項目を指しています。 

海外製品を含めると、「色の濃さ」や「色合い」をあらわす呼称も多岐に渡るため、ガイド鴻池は、ISF推奨の呼称を基準に統一するのが実用的に思います。

 

次のページでは、各調整項目の意味と、簡易的な調整方法について解説します!

更新日:2008年11月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する