食事ダイエット/食事ダイエット関連情報

ファスティングとは?食欲を抑える方法

寝食を忘れて何かに没頭することって最近ありますか?人生にマンネリ感を感じてきたら、まずは食を忘れることで何かの大きなヒントを得るかもしれませんよ。

執筆者:河口 哲也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<CONTENTS>
1、ファスティングのすすめ
:自分を見つめなおすきっかけに
2、食欲を制する方法とは?:高レベルの自分を目指すと食欲を抑制できる
3、ファスティングに挑戦!:自分でファスティングを行う方法から施設の紹介まで


食欲と和解する


“ファスティング=ダイエットのため”だけととらえていませんか?

時々私はダイエットがうまくいかない人にファスティング、つまり断食を勧めることがあります。種類は2種類で、一つは寝る前に4時間程度の何も食べない時間を作り、睡眠時間も含めて12時間程度の断食期間を毎日作る方法です。

睡眠
満腹で寝る、ほどよい空腹で寝る、ダイエット成功と失敗の分かれ道…。
起きている間より寝ている間の方がエネルギーを蓄えやすく、その時間帯での脂肪の蓄積を防ぐということと、1日に一回は寝る前に「空腹」という飽食の世界では忘れられがちな感覚を体験しコントロールする癖をつけることを目的としています。

もちろん、結果として、昼間にドカ食いをしない限りダイエットも成功しやすくなります。

次に、おすすめするのが1~2日の短期断食です。こちらは、絶対的なエネルギー不足状態を一時的に作ることにより、多少なりとも強制的に脂肪を燃焼させることと、食欲と“和解”するきっかけをつくることを目的としています。

強制的に脂肪を燃焼させる話につきましては、以前「プチ断食のすすめ」で触れましたので今回は「食欲と和解するきっかけをつくる」ことについてお話しましょう。

なぜ食欲にとらわれるのか?


ピザ
食欲には勝てない!?
「ついつい食べてしまう...」「食欲に勝てない...」
表現方法はいろいろあるとして、ダイエットガイドである私はこのような話をよく聞きます。

人間の生理的な欲求である食欲は正面から制圧しようとすればするほど、その力は強大になり、まるで制御不能の怪物のようにも思えるからでしょう。

「食べたいのをガマンする!」という根性論だけで挑んでも、なかなか食欲を懐柔することは難しいのは多くの方が経験済みなこと。そこで、急がば回れ、間接的に食欲を抑える方法についてお話しましょう。

食欲を手なずける方法とは?…次ページへ…

更新日:2005年01月24日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する