パーツ別ダイエット方法/パーツ別ダイエット方法の関連情報

自宅でできる腹筋のトレーニング法のご紹介 夏までに、鍛えろ腹筋!

正しい腹筋トレーニングの方法をご紹介。美しい体を目指すあなた、水着をキレイに着こなしたいあなた! 腹筋を鍛えるあなたを、徹底応援します!

執筆者:河口 哲也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄着の季節がやってまいりました!
となると、やはり気になるのがボディライン。
特に水着を着る予定のある方は、お腹まわりが気になることでしょう。

そこで、今回はお腹まわりのシェイプアップの基本、腹筋トレーニングについて腹筋のみを鍛えるレッスンもあるというスポーツクラブにおじゃまして教えていただきました。

見た目よりかなりキキマスよ…。

腹筋(まん中)を鍛える【レベル1】
手のひらを頭の後ろに沿え、足は両ひざを曲げて床に寝ます。次に腹筋に意識を集中しながら両肩が床から離れる程度まで腹筋に力を入れます。ポイントはこの時背中が反らない(背中まで上げようとしない)こと。上半身全体を上げようとすると、首や肩など余計な部分に意識が分散してしまい、腹筋トレーニングの効果が落ちる場合があるからです。反動をつけずにこれをゆっくり10回繰り返します。


腹筋(まん中)を鍛える【レベル2】
手の平を頭の後ろに軽く沿え、足は足首を軽く組んでひざを曲げた状態で宙に浮かせ床に寝ます。次にレベル1と同じ要領で腹筋に意識を集中しながらひざと肘がつくところまで体を丸めます。足は宙に浮かせたままで、この運動をゆっくり10回繰り返します。


左右(脇腹付近)の腹筋を鍛える【レベル1】
両ひざを曲げ、手のひらを軽く頭の後ろに沿えて床に寝ます。次に右手の手のひらが左足のひざ、左手の手のひらが右足のひざに触れるまで反動をつけずに交互に体を起こし(まるめ)ます。この時ひざに触れない手はひじを床に付け頭を支えます。これをゆっくり10回繰り返します。


次ページへつづく…

更新日:2002年05月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    9

    この記事を共有する