フリーソフト・シェアウェア/ユーティリティソフト

GoogleデスクトップをHackする(!?)裏技

PCの内部にあるファイルを検索できる「Googleデスクトップ」。このグーグルデスクトップをHackする裏技(!)をご紹介します。

執筆者:吉原 克

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ画面
「Googleデスクトップ」はブラウザからPCのローカル環境をも検索対象にできる優れたフリーウェアだ
2005年の登場以来、バージョンアップを重ねて着実に進化してきた「Googleデスクトップ」。開発当初から一貫しての最大の特色は、インターネット上ではなく「PC内部(=ローカル環境)に保存されたファイル」を検索できる点にあります。

仕事でもプライベートでも、PCを活用していくうちに保存したファイル数は増えていくもの。

「あれ、だいぶ前につくったあの報告書、どこに保存したっけ?」

と片っ端からフォルダを開いて目を皿にして探す経験をした人も少なくないのではないでしょうか。「Googleデスクトップ」はそうした不便を一挙に解消する強力なソフトウェアです。

しかしその一方で、「ファイルの保存先は自分で管理してるし、わざわざソフト使ってまで自分のPCの中を検索する必要はないよ」と感じる方も意外と多いのでは?

でもそこはなんといってもGoogleの開発したソフトウェア。「Googleデスクトップ」の使い途は単にデスクトップのファイルを検索するだけではないのです。
この記事では、「Googleデスクトップ」の意外(?)な“裏技”の数々を紹介します!

=CONTENTS=
■「Googleデスクトップ」とは
これが「Googleデスクトップ」の“裏技”だ!



「Googleデスクトップ」とは


Googleデスクトップは、Googleが提供するフリーウェアです。当初はPCのローカル環境(内蔵HDDなど)に保存したファイルを検索する機能がメインでしたが、バージョンアップを経て現在はガジェット(後述)を搭載し、デスクトップサイドバーにも似た万能デスクトップツールへと進化しました。
⇒詳しくは「Googleデスクトップ」機能説明

「Googleデスクトップ」メイン画面
サイドバーとしてデスクトップの端に表示された「Googleデスクトップ」。ガジェットを表示せず小さな検索ボックスだけの表示に切り替えることも可能だ

機能が拡張された分、思わずガジェット機能のほうへ目が行きがちですが、なんといってもこのソフトの真価が発揮されるのはローカル環境を対象とした検索機能の素晴らしさ。

「Googleデスクトップ」検索方法
検索ボックスからは通常のグーグル同様、Web全体に対して検索することもできる。ローカル環境(自分のPC内部)に限定して検索したいときは、検索ボックスに表示されるメニューから「さらに検索」→「デスクトップ検索」を選択すればOKだ

超便利!お手軽ショートカット検索

どんなに検索機能が優れていても、使い勝手が悪いと元も子もありません。
そこで、「Googleデスクトップ」で検索するときに必ず知っておきたいショートカットを2つ紹介します。

  • 「Ctrl」2回連打……PCのデスクトップ中央に検索ボックスを表示
  • 「Ctrl」+「Alt」+「G」……「Googleデスクトップ」の検索ボックスにカーソルを移動
この2つさえ知っておけば、
「あ、『Googleデスクトップ』で検索したい」
と思った瞬間に即、キーボードから検索ボックスに入力を始めることができます。
この快感、とにかく一度味わってみてください。

デスクトップ中央に表示されるクイック検索ボックス
「Crtl」キーを軽快に2回、ポンポンと連打すれば、どんな作業をしていようとも瞬時にデスクトップ中央にクイック検索ボックスが表示されて入力を開始できる

次のページでは、この小さな検索ボックスに秘められた意外な(?)機能を紹介します。

更新日:2007年11月12日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する