パソコン・PC/パソコン基礎知識

冬の乾燥に注意! 静電気がPCを壊す

冬の名物・静電気は、PCにとっては意外な大敵です。突然のトラブルは、もしかすると静電気が原因かもしれません。静電気からPCを守るため、静電気のメカニズムを押さえましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静電気はPCの大敵

静電気は大敵
ピリッとくる静電気はPCにも大敵
冬は、静電気が気になる季節です。ドアノブを握ったとき、上着を脱ごうとしたとき、車に乗ろうとしたときなど、指先がピリッとしびれたり、場合によってはバチッという音とともに火花が飛んだりします。

 
このような静電気は物と物をすり合せると発生する「摩擦電気」で、からだの表面に蓄えられます。それが放電されると、しびれたりするわけです。この電圧は、ときに数千ボルトに達することも。実は、雷も雲に蓄えられた電気が放電して起きるものですから、私たちから発生する静電気は、「ミニ雷」だとも言えます。

「ミニ雷」とも言える静電気、当然ながら、家電製品やPCの大敵です。PC内部の回路(基板類やメモリ)に静電気が流れると、誤作動を起こしたり、完全に壊れてしまうこともあります。静電気が帯電した状態でマウスを握ったり、USB機器・メディアを差し込んだ際にも、静電気がPC本体に流れて誤作動が起きることがあります。

そのため、コンピュータ関連部品の工場では、静電気が起こりにくいような服装が義務づけられていますし、体の一部をアースに接続しておく対策がとられていることもあるほどです。


静電気はどんな症状を起こすか

静電気のためと思われるPCの症状には、以下のようなものがあります(ただし、これらの症状がすべて静電気を原因とするとは限りません)。
  • スイッチを入れたら静電気が流れ、起動しなくなった
  • PCが終了しなくなった
  • カーソルがまったく動かなくなった、または消失した
  • 周辺機器が認識されなくなった
  • Windowsが突然フリーズする
「静電気の季節」ともいえる冬季、PCを快適に使うために、静電気対策を怠らないようにしましょう。

静電気はなぜ起きる?……>>NEXT


CONTENTS
Page1:静電気のPCへの影響
Page2:静電気はどんなときに起きるか
Page3:PCを静電気から守る
Page4:PCが起動不能になったら

更新日:2006年01月04日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する