イタリアンの基本/デザート・カクテルのレシピ

トスカーナのビスコッティ/カントゥッチ

もはや世界中で親しまれているビスコッティはトスカーナ発。二回焼くのがポイントのビスコッティ。家庭でも簡単に作れるので、お土産で買った、貰ったイタリアの味をぜひ!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トスカーナのビスコッティ/カントゥッチ

所要時間:60分

カテゴリー:クッキービスコッティ

 

もはやイタリアを代表するビスコッティ

日本だけでなく、世界中で親しまれているビスコッティ。本来はトスカーナのプラートというところでルネッサンス時期に作られていたとされています。 そもそもビスコッティは、ビス(2回)コッティ(焼く)とされ、2回に分けて焼き、完全に水分を飛ばして作るのが由来とされています。おそらくビスケットという名前は、ビスコッティからの発展的な名前ではないかと言われることもあるほど、ビスコッティは、いわゆる焼き菓子のルーツになるのかもしれません。 バターを全く使用していないので、意外にヘルシーかもしれないビスコッティ。トスカーナではこのビスコッティを「カントゥッチ」と呼び、エスプレッソやトスカーナ名物の甘いワイン ヴィンサントに浸していただくのがイタリア式!お土産で買った、貰ったという方も多いと思われるビスコッティをぜひご家庭でもいかがですか? ラッピング次第ではとてもすてきな手土産ギフトにもなります!

トスカーナのビスコッティの材料(5-6人分

ビスコッティの材料
薄力粉 300g
きび砂糖 150g
グラニュー糖 100g
2個
ベーキングパウダー 小さじ1杯
ひとつまみ

トスカーナのビスコッティの作り方・手順

ビスコッティの作り方

1:

200℃のオーブンでアーモンドを10分程焼く。

2:

ふるった薄力粉、きび糖、グラニュー糖、ベーキングパウダーを混ぜ合わせる。

3:

よく溶いた卵を2に木べらで合わせる。

4:

3に1のアーモンドを練り込む。

5:

天板にオーブンシートを敷き、薄力粉を軽くふり、4の生地をまとめて厚さ2程度にして置く。生地上部にも薄力粉を軽くはたいて、180℃のオーブンで20分焼く。固くなりすぎないよう様子を見ながら焼く。

6:

柔らかく焼けた5の粗熱をとり、少し冷めたら、厚さ2cmに切り分け、切り口を上にして再度天板に並べ、150℃のオーブンで20分程焼く。焼き上がったら4~5時間位置いて完全に冷めてからいただく。

ガイドのワンポイントアドバイス

手に薄力粉をつけて生地をまとめると、まとめやすいです。大きめサイズで作ってありますが、5の段階で2つに分けて小さめにしても美味しく頂けます。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する