イタリアンの基本/簡単イタリアンレシピ

ライスコロッケ アランチーニ

大人も子供も大好きなライスコロッケ。実はシチリアのパレルモの有名な一品です。大量に作るので、パーティーなどには重宝します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライスコロッケ アランチーニ

所要時間:60分以上

カテゴリー:コロッケライスコロッケ

 

おなじみのライスコロッケはシチリア生れです!

日本でも有名なライスコロッケ。実はこれシチリアはパレルモの名物メニュー。お惣菜のおいてあるガストロノミアだけでなく、バールにもたくさんおいてあります。パレルモ人は、このライスコロッケ アランチーニを朝から食べることもあります。大量に作るので、お友達や子供たちが集まるホームパーティーなどにおすすめです。

アランチーニの材料(6~8人分

リゾット生地の材料
600g
野菜コンソメ (ブロード)1.2~1.5L
オリーブオイル 大さじ3杯
たまねぎ 1/2個
バター 20g
サフラン 1袋(0.5g位)
パルミジャーノチーズ 150g
小さじ1杯強
ミートソースの材料
合いびき肉 200g
グリンピース 50g (生のものを使用)
たまねぎ 1/2個
オリーブオイル 大さじ2杯
トマト水煮缶 1/2缶
ローリエ 1枚
白ワイン 50cc
ふたつまみ
パルミジャーノチーズ 30g
その他の材料
パン粉 100g
カチョカバロチーズ 適量
適量 (揚げ油)
カチョカバロチーズがなければ、モッツァレラハードタイプかとろけるチーズも可。

アランチーニの作り方・手順

リゾットの作り方

1:

厚底深鍋にオリーブオイル、みじん切りのタマネギを入れ、中火にかけ、しんなりするまで炒めたら、軽く洗った米を入れ、水分がなくなるまで炒める。水分が飛んだら、コンソメ(ブロード)をゆっくりと回し入れる。 ※コンソメ(ブロード)は、300ccずつ入れて混ぜ合わせると全体になじみがいい

2:

リゾットがアルデンテにもったりと炊けてきたら、サフランとバターを加えて底の方からしっかりと混ぜ合わせ、サフランの色が馴染んだら火をとめてすりおろしたパルミジャーノを加えてしっかりと底の方から混ぜ合わせる。

3:

2をバットに移し替え、完全に熱がなくなるまで常温で冷ます。リゾット生地は完全に冷えないと、丸めた際、崩れやすくなる。

ミートソースの作り方

4:

鍋にオリーブオイル、みじん切りのタマネギを入れ、中火にかけ、タマネギがしんなりしたらひき肉を入れ、塩をして炒め、グリーンピースを加え、白ワインを注ぎ入れる。

5:

4が全体的に馴染んだら、トマトの水煮を入れ、ローリエを入れ、汁気がなくなるまで火にかける。汁気がなくなったら、火を止めてすりおろしのパルミジャーノを加える。

アランチーニの作り方

6:

完全に冷えたリゾット生地を手のひらにとり、5のミートソースを入れ、ダイスカットしたかチョカバッロチーズを入れ、再びリゾットでフタをし、中のミートソースが出てこないよう丸めます。しっかりと丸めないと、揚げた際、中身が飛び出してしまい、型くずれをしてしまうので注意。

7:

6にまんべんなくパン粉をまぶして、180℃に熱した油でこんがりきつね色になるまで揚げます。皿に盛り、 温かいうちに頂きます。

※パン粉は固くなったフランスパンをフードプロセッサーにかけたものを使用。市販のものでも一度フードプロセッサーにかけると、まんべんなくアランチーニに絡まります

ガイドのワンポイントアドバイス

日本のお米は水分を吸収しやすいので、リゾットにする時は加減を見てコンソメ(ブロード)の量を変えてください。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する