マフラー、ストールのアイデア満載テクニック


マフラー、ストールの奥の手アレンジ

着回し力が倍増!マフラー、ストールの奥の手アレンジ


ストールやマフラーは冬ルックの準主役級ともいえる大事な存在。うまく操れば、着回し効果が高いうえ、オリジナルの着こなしにも仕上げられます。今年らしいボヘミアンやプレイフルなどのムードにも寄せられます。新テクニックを加えるだけで見栄えが一気に変わるから、達人の「奥の手」技を盗んであなたも巻き物上手に!

【CONTENTS】
Page 1:◆裏チラ見せで視線を散らす
Page 2:◆チェック柄でつくる朗らかボリューム
Page 3:◆マント風に巻いてアーバンボヘミアン
Page 4:◆半周巻きでロング&リーン
Page 5:◆アウターに乗せてしなやかレイヤード

裏チラ見せで視線を散らす


ピンクとグレーのコントラストで優しいイメージundefined(c)Rie Miyata

ピンクとグレーのコントラストで優しい印象を 
(c)Rie Miyata


キャメルとホワイトのコントラストで上品さをプラスundefined(c)Rie Miyata

キャメルとホワイトのコントラストで上品さをプラス (c)Rie Miyata



表と裏で色や柄の異なるマフラーは、ねじって反対側をちょっと見せてやると、胸元の表情が深くなります。裏をチラ見せする意識で、片方の色を「差し色」的に使うのが、印象的に仕上げるコツ。まるで別々のマフラーを2本巻いているかのようなトリッキーでサプライズな見栄えに。できるだけ表と裏のコントラストが際立つようなカラーバランスを選んで。あまりきつく巻かないで、ややゆるめにしたほうが布の風合いが生かせます。バイカラー(2色使い)のマフラーが手持ちになくても、薄手のストール2枚を一緒に巻けば、同じような見た目に整えられます。追加コストゼロのうれしい裏技です。

次のページでは、チェック柄ストールでつくる朗らかボリューム!