野菜や花の苗を植え付けると、どうしても害虫などが飛んできて、瞬く間に虫食いの野菜や花ができてしまいます。これは本当に困ってしまいます。しまいには、収穫ゼロというようなことも起こります。良い予防法や対策はないのでしょうか。

病害虫が喜ぶ環境とは

良い土

良い土作りは病害虫を遠ざける

家庭菜園の敵である病害虫を知ることは対策の一歩です。まずは、病害虫が好む環境について説明いたしましょう。

虫や病気が喜ぶ環境とは、日当たりが悪く、風通しが悪く、湿気の高いところです。このようなところで野菜や花を育てると育ちは悪くなり、病気や虫にだんだん侵されてしまい、最終的には枯れてしまいます。

これを防ぐためには、栽培的にも工夫が欲しいところです。例えば、土作り。堆肥を加えることで、病原菌だけでなく他の菌も入れ込んでしまう。このために、病気の出る頻度は低くなります。また、間引きも大事です。虫にやられたものを優先的に抜くと、それ以上の被害の拡大は防げますし徒長も防げますので、一石二鳥というわけです。

病害虫が発生してしまったら

病害虫が発生してしまったならば、野菜の場合、その対策を打たなければなりません。害虫対策は簡単で害虫をとってしまえばよいのですが、病気の場合は大変です。一度病気にかかってしまえば、回復するのは非常に困難です。ですから、予防という対策になります。害虫も本来予防するのが一番良いとされます。

それでは、どんな工夫ができるでしょうか。

■マルチング
マルチング

畑の表面をプラスチックフィルムや紙などで覆うマルチング

畝にマルチを敷くと、病害虫の予防になります。マルチに銀線のストライプがついているものは、アブラムシの忌避にも効果がありますが、土の中の虫、例えばネキリムシなどには全然効果がありません。

また、マルチは一度敷くと雨の跳ね上がりがなくなるので、病気にかかりにくくなります。

■連作を避ける
同じ野菜や同じ科の野菜を同じ畑で連続して作ると、連作障害といって、様々な被害を及ぼすことがあります。ですから、連作は避けなければなりません。害虫ですが、根コブセンチュウが連作の大きな問題です。これを防ぐには、マリーゴールドやギニアグラスなどを植え付け被害から守ります。また、トマトやキュウリなどでは、接ぎ木苗を使うのも有効です。これによって、青枯病やつる割れ病などを防ぐことができます。

■良い苗を購入
これも大事なことです。良い苗を購入し育てるときは、日の当たるところに植え、風通しや水はけを良くし育てることこそ、基本的なものでしょう。

■トンネル栽培
トンネル栽培

畝をビニールなどでトンネル状に覆うトンネル栽培

病気や害虫の多い季節ですから、畝に防虫ネットなどでトンネル栽培すると効果が高いです。トンネル栽培さえすれば、多くの虫の害がなくなると思います。

■農薬栽培
最後は農薬を使った栽培です。農薬は農水省や厚労省で安全が確認されているので、使っても大丈夫です。虫が出たら殺虫剤、病気の予防に殺菌剤などというように使っていきます。

苗の時期から病害虫予防するには……。「できるだけ安心な方法で作りたい」という希望をかなえる方法は次ページで。