メイク特集/特集一覧

“デカ目”を作るアイメイクの基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【A】目の際のアイラインとマスカラで目のフレームを強化!

アイライン&マスカラのW効果で、
奥二重さんも優しいデカ目に!
「奥二重さんは目尻のアイラインがはっきり見えるので、太く引いてしまうとツリ目に見え、やり過ぎ感が出てしまいます。アイラインは目の際に細く引き、マスカラは根元からたっぷり付ければ、W効果で奥行きのあるパッチリ目に変身!きつく見られがちな奥二重さんも優しくキュートな印象に」(新見さん)

※より詳しい奥二重さん向けメイク方法は、サンクチュアリ出版「一重・奥二重さんの魔法のメイクBOOK」も参考にしてみてください。

デカ目を作る基本テクニック
【STEP 1】
目頭から目尻方向に、細いアイラインを入れる

ブラックの極細リキッドアイライナーで、目の際に細いラインを引きます。太いと目を開けた時に不自然になってしまうので要注意!目尻はラインをやや下がり気味に2mm伸ばして、優しいたれ目を作りましょう。

【STEP 2】
まつげの隙間と粘膜部分を埋めて、目のフレームを強調

奥二重さんは目を開けた時にまつげの生え際が見えるので、まつげの隙間とピンクの粘膜部分をアイライナーで塗りつぶします。まぶたを持ち上げると塗りやすいですよ。これで目のフレームがしっかりとして、パッチリとした大きな目に。

【STEP 3】
フィルム&ウォータープルーフ、2種類のマスカラを使う

根元にしっかりマスカラが付いているとアイラインとのW効果でパッチリ目になります。根元から毛先に向かってフィルムタイプのマスカラを左右に動かしながら付けます。目尻は重ね付けして強調させて。さらにウォータープルーフタイプのマスカラでまつげをコーティングします。

【STEP 4】
ハイライトカラーで優しい立体感をプラス

眉下と目頭のアイホールのくぼみに、シャンパンゴールドのアイシャドウを付けると、立体感が出てメリハリ顔に。優しい印象に仕上がります。
【デカ目を作るアイメイクの基本 INDEX】

【デカ目の基本】Q. 1 目ヂカラがアップするアイラインの引き方は?
【デカ目の基本】Q. 2 キレイなグラデーションを作る簡単シャドウ技
【デカ目の基本】Q. 3 ぷっくり涙袋のあるウルウルな瞳の作り方
【デカ目の基本】Q. 4 キレイで簡単!つけまつげの付け方
【デカ目の基本】Q. 5 雨にも負けない!完璧まつげカールの作り方
【デカ目の基本】Q. 6 切れ長目を作る!ジェルライナー攻略法
【デカ目の基本】Q. 7 アイシャドウをキレイに発色させるコツ
【デカ目の基本】Q. 8 崩れにくいアイメイクが知りたい!
【デカ目の基本】Q. 9 一重さんにオススメのデカ目アイメイク
【デカ目の基本】Q.10 奥二重さんでもパッチリ!愛されアイメイク
【デカ目の基本】Q.11 はれぼったい目に立体感をプラスするには?
【デカ目の基本】Q.12 流行の「たれ目メイク」の簡単ポイント
このページは2013年2月5日時点の情報です

更新日:2013年02月05日

(公開日:2011年08月09日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する