奈良の観光・旅行/奈良のお土産

奈良のお土産

甘み、色彩、舌触り……どれをとっても優しく、上品な奈良のスイーツ。ここではその中でも、お土産として人気の高いスイーツを紹介いたします。“大和茶”を練り込んだ「大和茶ばぁーむくぅへん」、奈良女子大学の学生が考案した「奈良漬けアイス」、吉野の本葛を使った「静ごのみ」など、奈良の自然が育んだ優しく風味豊かな甘味をどうぞ。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のお土産スイーツで、奈良の食文化をお持ち帰り

奈良のお土産は、文化に根付く深い歴史を感じさせるものばかり。古くから奈良と歩んできた、いわば歴史の香りが詰まっているのです。

味わいもとても優しく上品です。そしてその優しさを際立てるような、豊かな風味を感じることができます。

ここではその中でも、人気の高い土産物をご紹介いたします。大和の自然が育んだ、優しく風味豊かなスイーツやお寿司を、どうぞお持ち帰りください。


弘法大師に由来する大和茶のバームクーヘン

渋みと甘みが溶けあうスイーツ

渋みと甘みが溶けあうスイーツ

しっとりとした口当たりに定評があり、土産物としても重宝されている「プレミアムばぁーむくぅへん」。そんな人気商品に“大和茶”を練り込んだのが「大和茶ばぁーむくぅへん」(大和茶パウダー添え)大1570円(化粧箱入)です。洋菓子の甘さの中にふんわりとお茶の香りが漂う、上品な風味が印象的なスイーツです。

大和茶とは、冷涼な大和高原で栽培されている風味豊な緑茶。その歴史は約1200年前にも遡り、弘法大師が帰朝の際にこの地で広めたとも言われています。

そんな奈良の歴史と深く関わりのあるこの洋菓子。販売する「和こころ菓子 はーと」は、奈良公園や東大寺など奈良のメインスポットから少し離れた、薬師寺、法隆寺に近い場所にあるので、ちょっと足をのばした時に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

和こころ菓子 はーと
住所:奈良県大和郡山市九条平野町3-31 
TEL:0743-54-4478
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

古来よりの自然食・葛(くず)をスイーツで

伝統的な食材が、カラフルなお菓子に

伝統的な食材が、カラフルなお菓子に


 

最近話題となっている奈良の名産品に吉野葛があります。「葛」とはつるりとした食感かつ、寒天よりもっちりとした、デンプン類の最高級品。中でも吉野の葛は有名で、日本有数の産地と言われています。

そんな吉野の本葛をスイーツとして堪能できるのが、八十吉の「静ごのみ」16個入 千代箱(661円)。炭火の焙炉(ほいろ)にかけた手作り和菓子で、とろける食感と抑えめの甘みが特徴的。自然食や健康食に興味のある若い女性からも注目を集めています。

ちなみに製造・販売する八十吉は、嘉永4年(1851年)に創業。移り変わる食文化の中で、揺らぐことなく葛に愛情を注ぎ続けてきた名店です。店内からは吉野の山々を見渡すこともできるので、吉野散策の際にはぜひ立ち寄ってみてください。

八十吉
住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山561-1
TEL:0746-32-8739
定休日:無休

更新日:2009年12月22日

(公開日:2009年12月16日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する