インターネットサービス/暮らしに役立つ、楽しむネットサービス

知らないことはすぐ検索!おすすめ検索エンジン

インターネットを利用する方で検索エンジンを一切使わないという方はいないと思いますが、検索エンジンにはそれぞれ特徴やサービスの違いがあり、使い方によっては今まで以上に上手な情報収集が可能になります。今回はおすすめの検索エンジンサービスをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
検索エンジンサービスにおいて、日本では圧倒的なシェアを持つYahoo!JAPANですが、Googleが少しずつそのシェアを奪いつつあります。MSNサーチも2009年6月に大リニューアルし、新たにBingとして再スタートを切り、シェア拡大を目指しています。

また早くからブログ検索をスタートさせるなど積極的な展開をしてきたAsk.jpが2009年6月に日本での検索事業から撤退する反面、2008年1月には中国No.1検索エンジン、百度(バイドゥ)が日本上陸。そして2009年7月には2005年8月に一度撤退した韓国No.1検索エンジンのNAVERが再上陸するなど検索エンジンサービスは今、大きな変革期を迎えています。

今回はネットを利用する誰もが利用する検索エンジンサービスのおすすめをご紹介致します。

Google


検索に注力し世界中のユーザーから多くの支持を集めるGoogle

検索に注力し世界中のユーザーから多くの支持を集めるGoogle


検索エンジンサービスにおいて世界で第一位のシェアを持ち、日本でもYahoo!JAPANに続き2位のシェアを持つ検索エンジン、Googleのおすすめポイントはなんと言ってもその検索精度の高さです。

他の検索エンジンサービスのほとんどが検索エンジンを中心としたポータルサイトなのに比べ、Googleは最初からユーザーがより早く目的の情報を入手することのみに注力し、検索エンジンサービスとして括弧たる地位と人気を得てきました。

そして現在は、動画、画像、ブログ、地図のほか、世界中の書籍の内容まで調べられる書籍検索などより多様なニーズに答えるべく更なる進化を続けています。

Yahoo!JAPAN


検索ポータルサイトとして日本で最大のユーザー数を誇るYahoo!JAPAN

検索ポータルサイトとして日本で最大のユーザー数を誇るYahoo!JAPAN


2007年5月に月間ページビュー数が318億ページとアメリカのYahoo!を超え世界一となったYahoo!JAPAN。検索エンジンはもちろん200を超える多彩なサービスを提供していて、名実共に世界最大級の検索ポータルサイトです。

サービス開始当初はエンターテインメント、メディアとニュース、ビジネスと経済などカテゴリ別に人的におすすめサイトを登録し、表示するディレクトリ型サービスでしたが、Webサイトの数の爆発的な拡大により、ディレクトリ型だけではカバーしきれなくなり、現在ではロボット型が中心となっています。

Web、画像、動画、ブログ、辞書、商品などはもちろん、小学館の日本大百科全書を無料で検索できるYahoo!百科事典や、ユーザー同士で知識や知恵を共有し合えるYahoo!知恵袋などがおすすめです。

更新日:2009年08月03日

(公開日:2009年07月22日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する