掃除/床・壁掃除

壁掃除の仕方

住まいの壁紙の主流、「ビニールクロス」の簡単なお掃除法を紹介します。

この記事の担当ガイド

家の事・子どもの事・仕事の三つ巴を愉しむ三児の母ずぼら掃除を提唱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

困った汚れの対処法

タバコのヤニ汚れには、基本のお掃除の手順3~6を何度か繰り返します。サンゲツ・ホームページによれば、洗剤液に5%程度のアンモニアを添加するのも効果的だそう。

  1. クレヨンで落書きされてしまった場合には、家庭用中性洗剤の原液を塗布し、ラップ等でパック、汚れをゆるめた上で、ウエス(ぼろ布)で拭き取ります。それでも残ってしまう場合、湿らせて絞ったメラミンスポンジで少しずつ擦ると目立たなくなりますが、壁紙自体がはげるなど、かえって見苦しくなる可能性がある点、承知した上で試してください。
  2. カビが生えてしまっている場合、表面を拭くだけでは、綺麗にできません。まず壁紙を剥がし、カビをこすり落とし、殺菌剤を塗布・乾燥したうえで防カビ処置を施し、再度、壁紙を張り替える必要があります。この壁紙張替えに関わる詳しい手順は『かべがみ技術教本』(荒川 達/六英社)等、DIY本を参考に。また、自分でやる自信がない場合には、内装業のプロに依頼したほうが無難です。
     
一説によれば、一般家庭に貼られたビニールクロスの寿命は7~10年程度だとか。この寿命を15~20年と持たせることができるとすれば、やはりケアの有無によるところが大きいはず。壁紙のクリアリングで明度を上げ、さわやかなお部屋を維持したいですね。



編集部おすすめの購入サイト

楽天市場で人気の掃除用品を見る

更新日:2009年11月17日

(公開日:2009年07月20日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する