ウイスキー&バー/ウイスキーが「分かる」人の飲み方

バーボンの飲み方/カクテル篇

前回はストレートとオン・ザ・ロックを紹介したが、今回はバーボンウイスキー・ベースのカクテルをおすすめする。ハイボールや水割り、マンハッタンにオレンジやトマトといったジュース割りもいける。

協力:サントリー

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイボール、水割り、マンハッタン

バーボン・ハイボール

バーボン・ハイボール

前回につづいてバーボンウイスキーの飲み方を紹介する。今回はカクテル。ミントジュレップに関しては「ミントジュレップ篇」で語ったので、そちらをご覧いただきたい。
ちなみに、わたしがミントジュレップのベースとして好むのは「メーカーズマーク」(750ml・45%・¥2,800)と「ジムビーム ブラック」(700ml・40%・2,400)である。

バーボンはソーダ割り、つまりハイボールがよく合う。ソーダの爽快感とともにバニラ様の甘さがふわっと浮遊するように口中に広がる。その甘みはこころを優しく包み込む。「メーカーズマーク」やスタンダードな「ジムビーム」をハイボールで飲むことが多い。

 

メーカーズマーク

メーカーズマーク

バーボン・ソーダではなく、バーボンの水割りを飲むこともある。「メーカーズマーク」を水割りにすることが多い。
「メーカーズマーク」のプレミアムなスイート&スムーズは万能で、カクテルにしてもそのふくよかな甘さが崩れない。わたしはバーで、「マンハッタン」をときどき「メーカーズマーク」ベースにしてもらう。
それとたまに「メーカ―ズマーク」をフレッシュジュースで割ったカクテルをのむことがある。これらは軽快にするっと口中を駆け抜ける。「バーボンはウイスキーでしょ。なんだか強そうで」と尻込みしてしまう女性にもこれはおすすめできる。

 

オレンジジュース割り、トマトジュース割りもいける

マンハッタン

マンハッタン

バーボンの故郷ケンタッキーでも愛されている飲み方のひとつ「メーカーズマーク・オレンジモーニ」は是非試していただきたい。
レシピは「メーカーズマーク」20ml、オレンジジュース45ml、トニックウォーター適量というもの。トニックウォーターを入れなくても、オレンジジュースで割ってオン・ザ・ロックに仕上げてもいい。「メーカーズマーク」の滑らかな甘さとオレンジの甘みとの相性の良さに気づくはずだ。

 

メーカーズマーク・オレンジモーニ

メーカーズマーク・オレンジモーニ

もうひとつは「メーカ―ズマーク・グレープフルーツモーニ」。これもオレンジモーニと同量のレシピでよい。
グレープフルーツジュースで割ると、すっきりとした優しい甘みにほのかな酸味が寄り添い、爽やかさがある。こちらもトニックウォーターを使わず、単純にグレープフルーツジュース割りのロックタイプもいける。
そのほかにもアップルジュース、パイナップルジュースで割るのもおすすめだ。
変わり種としては「メーカーズマーク」のトマトジュース割りが意外とおいしくてクセになる。
ウイスキーだからって構える必要はない。おいいしければいいのだ。自由に楽しく飲んでいただきたいと願う。(カクテル撮影/川田雅宏)

 

メーカーズマーク・グレープフルーツモーニ

メーカーズマーク・グレープフルーツモーニ

関連記事

バーボンの飲み方/ストレート、ロック篇
バーボンの飲み方/ミントジュレップ篇
ジムビーム/バーボン、偉大なる血族の記録
メーカーズマーク/プレミアムバーボンの証
メーカーズマーク/グレッグ・デイビス来日
オンドリのしっぽ「サマー・タイム・ジュレップ」



更新日:2013年10月31日

あわせて読みたい