通夜・葬式の弔問マナー/香典の相場と香典袋の書き方マナー

香典の金額・相場

香典の金額は、お付き合いの度合いや地域性などによって異なります。ここでは一般的な香典の金額の相場についてお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香典の金額・相場ってどれくらい?

香典の金額については、友人や同僚の場合、身内や親戚の場合、仕事関係者の場合によって、また年齢によっても違ってきます。故人との生前どのようにお付き合いをしてきたかによって変わってくるので、迷ってしまう人も多いでしょう。前に相手から香典をいただいている場合は、その金額を参考にすることもできますが、物価の変化や価値観なども時代とともに変化するので状況によります。

参考までに一般的な金額の目安を自分との関係別にお伝えします。
  • 両親……5万円~
  • 祖父母……2万円~5万円
  • 兄弟姉妹……2万円~5万円
  • 親戚……1万円~5万円
  • 友人・知人・隣人……5000円~2万円
  • 仕事関係者……5000円~2万円
  • 顔見知り程度……3000円~1万円
このほか、お花や供物を送ることもあります。お花や供物の場合はだいたい1万円からになりますので、個人名で出すほか、「友人一同」「親戚一同」「○○会社」などで一括してまとめて出すことも多いです。会社や町会などでは、最初から相場や金額が決まっている場合もあります。

香典の相場Q&A

前もって準備していた印象にならないように、香典の場合は新札でも一度折り目をつけて渡したほうが良いとされています。

前もって準備していた印象にならないように、香典の場合はあえて古い札にするか、新札だったら一度折り目をつけて渡した方がよいと考えられています

Q:4と9がつく額は避けた方が良い?

A:日本人は死や九を連想する4や9の数字に対しては少々敏感なところがあります。ただの語呂合わせではありますが、念のため避けたほうが無難です。

Q:香典は少額でもいい?

A:地域共同体で助け合う……それが香典のはじまりですから、「小額でも役に立てれば」という気持ちが一番大切ですが、現実には1000円前後の返礼品や通夜料理、飲み物などを出すことによって、場合によっては赤字になってしまうこともあります。良かれと思って渡した香典によって負担額を増やしてしまうことも考えられます。

Q:「古いお札にするべき!」と言われたけど

A:香典の場合、「取り急ぎ準備しました」という意味をこめて古いお札を使用する習慣があります。しかし、昔と違って新札がすぐに準備できる時代になったので、それほど気にする必要はなくなりました。とは言え、新札しかない場合は一度折り目をつけてから包むと無難でしょう。

更新日:2009年08月18日

(公開日:2009年07月17日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    24

    この記事を共有する