洗濯機・洗濯乾燥機/洗濯機・洗濯乾燥機関連情報

2013年・おすすめ洗濯乾燥機

夏に売れる家電のひとつである洗濯乾燥機は、毎年、秋から年末にかけてドラム型・春にタテ型の新製品が発売されます。今年も新製品が出揃いましたので、2013年の洗濯乾燥機のおすすめ機種をまとめてみました。お買い物の参考にして下さい。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年おすすめ洗濯乾燥機

2013年発売のおすすめ洗濯乾燥機

洗濯機売り場ではメインの顔となり、やはり人気の高いドラム型。昔は汚れが落ちにくいとも言われていましたが、最近は洗浄技術が向上し、汚れ落ちに対しても不安はなくなりました。得意な乾燥機能でも、さらなる省エネ性能のUPやシワの軽減など、ますます進化しています。一方、タテ型は2012年製品から基本性能の部分では、劇的な進化はありませんでした。そこで今回は、2013年に新たな進化を遂げたメーカーを中心に、ガイドのおすすめポイントをご紹介します。


「ヒートポンプ」と「ひまわりガラス」で省エネNo.1~シャープ洗濯乾燥機

2013年おすすめ洗濯乾燥機・SHARP

独自の「ヒートポンプシステム」搭載(※画像:シャープ・リリース資料より)

なんと言っても、省エネ性向上のために乾燥時の消費電力削減は必須です。今までシャープの弱点とも言われていた洗濯~乾燥時の消費電力量を削減のため、待望のヒートポンプを搭載したのが、2013年モデル最大の目玉! これでようやくライバルメーカーと肩を並べることができたと思いきや、ヒートポンプ搭載に加え、「ひまわりガラス」で洗浄時間を短縮し、「温/湿ダブルセンサー」で過乾燥を防ぐなど、あらゆる省エネに取り組み、なんと一気にトップに踊りでて省エネNo.1を達成しました。ドラム型では苦戦を強いられていたシャープですが、洗浄力・省エネ・乾燥仕上がりと、クオリティの高い意欲作です。

※参考:ガイド記事 「省エネ化!シャープ・プラズマクラスター洗濯乾燥機」
※参考:メーカー製品サイト【ES-Z100】

コンパクト&省エネを実現!~パナソニック・プチドラム

2013年おすすめ洗濯乾燥機・パナソニック

新開発の「小型ヒートポンプユニット」※画像:パナソニック・リリース資料より

コンパクトサイズで大人気となった「プチドラム」の第三世代。今までのプチドラムは、パナソニックの洗濯乾燥機では定番となっているヒートポンプが搭載されず、せっかくのドラム式なのに乾燥時の電気代が高いのがややデメリットでした。しかし、2013年「小型ヒートポンプユニット」が新開発され、いよいよ待望のヒートポンプ式乾燥が実現。コンパクトさと省エネを両立しました! スタンダードサイズの消費電力量にはまだかないませんが、これなら心おきなく乾燥を使えます。洗濯物を干せない忙しい共働きカップルや、単身者におすすめの、コンパクト高性能タイプです。

※参考:メーカー製品サイト・プチドラム

次ページは、洗濯乾燥機界のトレンドメーカーです>>

更新日:2013年08月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する