美容食・インナービューティー/絢子式 さつまいも美ダイエット

さつまいも美ダイエット:おいしく食べるレシピ

さつまいも美ダイエットを続けるために。さつまいもをおいしく食べるための調理法やレシピをお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第三章 さつまいもを美味しく毎日食べるレシピ

ここでは、さつまいもを美味しく食べる方法や、焼きいもにまつわる豆知識をご紹介! さつまいものことをたっぷり知ったら、さつまいもを使ったレシピに挑戦してみましょう。
1

楽しく作れば更に美味しい!
 

基本中の基本、焼きいもからはじめよう!

8

焼きいもには美味しい魅力がたくさん!

さつまいものオススメの食べ方は、焼きいも。しかし、焼きいもを美味しく作るのは難しいような気がしませんか? そこで、焼きいもに関する豆知識を身につけつつ、美味しい焼きいもにするためのコツをご紹介します。

・さつまいも豆知識その1:焼くとカロリーが変化するのはなぜ?

さつまいもは、生100g/132Kcalに対して、蒸したイモ/131Kcal、焼きイモ/163Kcal。同じものを手を加えずに、調理法を変えただけで、なぜカロリーがアップしてしまうのでしょうか。

その答えは、焼くことにより、生の芋が持つ炭水化物が糖分に変化し、カロリーが上がるため。しかしその分、焼きいもにすれば丸ごと栄養素を取り入れられるのだから、そこは大目に見てあげましょう。

・さつまいも豆知識その2:焼きいもはなぜ甘い?

さつまいもの主成分は、炭水化物であるデンプン。また、デンプン分解酵素(アミラーゼ)は熱によってさつまいものデンプンをブドウ糖に変化させるため、甘くなります。焼く際は時間を掛けて焼くと、元の持っている甘みより更に甘さが増すので、30分以上焼きあがりを待てる方は、是非、30~40分ほどかけてゆっくり加熱してください。

・さつまいも豆知識その3:焼きいもが美味しくなる方法

美味しさのカギは「蒸らし」! 「濡れた新聞に芋を包んだあと、アルミホイルで包んで焼く」この焼き方、その意味は解らずとも、なんとなく「焼きイモの作り方」としてインプットされているのではないでしょうか。

蒸気を閉じ込めて蒸らしながらゆっくり火を通すことによって、イモはじっくり甘みを増し、ホクホクして美味しくしてくれるので、なるべく時間をかけて蒸らしてあげましょう。

更新日:2013年05月01日

(公開日:2013年02月27日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する