島田佳奈の恋愛コラム/島田 佳奈の恋愛情報

「長続きする恋人」を選ぶ3つのポイント

恋人との交際が長続きするかどうかは、付き合ってみなければわからない?いいえそんなことはありません。出会いの時点からよく観察すれば、およその予測はできるのです。長続きしそうな相手を見極めるポイントを伝授。

この記事の担当ガイド

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシーの“女豹”ライター。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■交際3ヵ月、半年が見極め
undefined

何度ケンカしても仲直りできるカップルは、長く付き合っていけるでしょう。

交際3ヵ月。ふたりの付き合いが落ち着きはじめる時期は、これまで見せていなかった(猫をかぶっていた)恋人の本性が見え始めるタイミング。
「こんな人とは思わなかった!」と不満をぶつけてケンカするもよし、じっくり話し合うもよし。最初のアクシデントやケンカが発生したときに、ふたりの未来が案じられます。

ポイントは、険悪になったときの対処のしかた。短絡的に別れを告げるような相手とは、どのみち長くは続かないでしょう。きちんと向き合い建設的な話し合いができるカップルは、今後またいさかいが起ころうと「雨降って地固まる」展開になれるはず。

交際半年あたりは、ふたりの間にマンネリが生じる時期です。ここで新たな刺激を提案できたり、再び盛り上がるための創意工夫を考えてくれる恋人ならば、マンネリも怖くありません。
長い付き合いのうちには、盛り上がる時期も低空飛行な時期もあります。恋愛とは無関係なこと(仕事など)が要因で、すれ違ってしまうことだってあります。

どんな状況においても「気づかないフリ」をせず、ふたりの関係を見直そうと意識しているかどうか。あなたと恋人自身どちらか一方ではなく「ふたりの恋」を大事に考えているかどうか……が、恋が長続きする最大のポイントなのです。


<ガイドからお知らせ>
活動情報や告知はFacebookファンページTwitter公式ブログをご覧ください。

更新日:2012年12月27日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する