子供と遊ぶ/冬のおでかけ

スキー場じゃなくても雪遊びできる公園・遊園地

スキー場に行くのはちょっと大変というパパママにおすすめなのが、遊園地や公園の雪遊び広場。子どもを雪に触れさせたり、そり遊びを楽しんだり、気軽に行けるのもメリットです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽に雪と触れ合える、雪遊び広場へ出かけよう

子どもに雪遊びは体験させてあげたいけれど、親自身がスキーヤーやスノーボーダーでなければ、ゲレンデに行くのはちょっとハードルが高いもの。遊園地やテーマパークなどの雪遊び広場なら、本格的な装備がなくても、気軽に雪遊びが楽しめます。 ただし、濡れると冷えてしまので、子どもたちには防水服や長靴を用意してあげてください。ウェアやシューズがレンタルできる施設もありますので、事前の確認しておきましょう。

※イベントや営業時間など最新情報はお出かけ前にご確認ください。
※写真は去年のもの、またはイメージ等です。

 

ぐりんぱ「冬のぐりんぱ(雪あそび、スケート、スノーカーニバル)」/静岡県裾野市

スノーカーニバル

スノーカーニバル(イメージ)

ぐりんぱ

湖のスケート場

シルバニアファミリーのテーマパークやアスレチックコースなどを備えた富士山の麓の遊園地。冬だけ特別にオープンするゲレンデは、なんと1万平方メートルと広々。ゆるやかなコースから急な斜面のコースまでバラエティ豊かにそろい、富士山を間近に眺めながらの「雪あそび」や「そりあそび」が思う存分楽しめます。

さらに、今シーズンは冬にしか楽しめない遊び”をコンセプトにした冬限定の雪あそび広場「スノーカーニバル」も登場。こちらのエリアも2,500平方メートルと広大で、5つの多彩なアイテムで遊べます。たとえば、タイヤのような形のソリに乗って滑り落ちる人気の「チュービング」は大人でも楽しめるスリル満点のコースとお子様向けの緩やかなコースの2種類を用意。また、「おもしろソリ広場」では柔らかいウレタン素材を使った3種類のそりで遊べます。そのほかにも自分だけのオリジナル雪だるまを作れる「雪だるま広場」などもあり、初めての雪遊びにもぴったりです。

冬のぐりんぱ(雪あそび・スケート)
期間: 【雪あそび】2014年12月13日(土)~2015年3月末予定、【スケート】2014年11月29日(土)~2015年3月22日(日)予定
料金:ぐりんぱの入園料のみで利用可能(大人1,100円、こども・シニア750円)、 そりレンタル1日700円、レンタルウェア大人2,600円、レンタルウェア小人1,600円 、スケート靴レンタル(16cm ~ 29cm) 1足 / 1日1,000円
※広場へはそりの持ち込みも可能です(プラスチック製のみ)。スキー板等の持ち込みはご遠慮ください

雪の遊園地「スノーカーニバル」
期間:2014年12月20日(土)~2015年3月22日(日)予定
※天候等により、営業期間が変更になる場合があります。
料金:400円

<ぐりんぱ>
静岡県裾野市須山字藤原2427
055-998-1111
HP:ぐりんぱ

 

>>次のページでは11月からオープンしているさがみ湖屋外雪あそび広場

この記事を読んで良かったですか?

良かった

13

更新日:2015年01月21日

(公開日:2012年12月28日)

あわせて読みたい