男の料理/鍋もの・和食レシピ

塩豚と大根の塩おでん

塩豚と昆布のだしで大根を炊いた、シンプルな塩おでんです。こんにゃく、ごぼう、玉子、はんぺんなど、他のおでんの具を入れても、もちろんおいしいですよ。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
塩豚と大根の塩おでん

所要時間:30分

カテゴリー:おでん

 

大根の優しい味わいをシンプルに味わう

塩豚と昆布のだしで大根を炊いた、シンプルな塩おでんです。干ししいたけや鰹節などをさまざまに加えて、濃厚なダシにする場合もありますが、ここではシンプルに、昆布と塩豚、そして大根のそものからのだしを味わいます。こんにゃく、ごぼう、玉子、はんぺんなど、他のおでんの具を入れても、もちろんおいしいですよ。


塩豚と大根の塩おでんの材料(3~4人分

塩豚の材料
豚バラ肉 500g程度
豚バラ肉の重量の2%
塩おでんの材料
大根 1本
昆布 5g
800ml
小さじ1/2~1程度

塩豚と大根の塩おでんの作り方・手順

塩豚の作り方

1:

ジッパー付きストックバッグに豚バラ肉と塩を入れ、外から揉んで、まんべんなく塩をすり込む。

2:

ジッパーを9割がた閉じて水に漬け、空気を抜き、空気が抜けたらジッパーを閉じる。これを冷蔵庫に入れ、一晩置く。

塩おでんの作り方

3:

 大根は1~2cm幅に切り、面取りをする。

4:

塩豚は5mm幅程度に切る。鍋に水と昆布、塩豚を入れて弱火にかける。

5:

別の鍋にたっぷりの水(分量外)を入れて強火にかけ、沸騰したら3.の大根を入れ、串が通るまで強火のまま茹でる。

6:

70℃程度まで温まったら、塩豚を一度取り出す。

7:

煮汁を90℃程度まで温め、アクが固まったら、キッチンペーパーを敷いたザルに入れて煮汁を漉す。

8:

鍋に漉した煮汁、茹でた大根、塩豚、塩を入れる。味見をし、薄かったら塩を足す。
鍋を弱火にかけ、沸騰直前になったら火を止める。ふたをしてそのまま冷まして味を染みさせ、もう一度温めてから供する。

更新日:2012年11月13日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する