iPhoneアプリ/iPhone版Gmail(アプリ)の便利機能の口コミ

署名と不在通知の設定方法

Gmail(iPhone)で、署名と不在通知の設定を行う方法をご紹介します。ぜひ活用してみてください。

この記事を書いた人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone版Gmailアプリ 署名と不在着信の設定

iPhoneのGmailアプリ

iPhoneのGmailアプリ

iPhoneのGmailアプリは、以前と比べて動作が早く、かなり使い勝手が良くなりました。少々地味な機能ですが、意外と便利な署名と不在通知の設定方法をご紹介します。

まず、署名についてですが、Gmail で複数のメールアカウントを管理している場合は、複数の署名が作成できます。プライベート用と仕事用に、署名を別にしてメールすることが可能です。

次に不在通知についてですが、外出などでしばらくインターネットが利用できない場合、不在通知設定ができます。海外旅行などで長期間メールチェックができない場合や、長期休暇で休み明けにメールをチェックしたい場合におすすめです。

■署名の設定方法
  1. Gmailアプリの左上の「メニュー」をクリック。「歯車ボタン」から、設定を開きます。
  2. 「PC用の署名ではなくモバイル用の署名を使用する」にチェックを入れて、署名を入力します。
  3. 右上「保存」をタップします。

■不在通知機能の設定方法
  1. Gmailアプリの左上の「メニュー(3本線のボタン)」をタップします。
  2. その隣の「歯車ボタン」をタップし、設定を開きます。
  3. 「不在通知を有効にする」にチェックを入れます。
  4. 開始日と、必要な場合は終了日もチェックを入れて設定します。
  5. メールの件名とメッセージ本文を入力します。メールマガジンや個人的なメール以外も受け取っている場合は、「連絡先リストのメンバーにのみ返信する」にチェックを入れておくのがおすすめです。チェックが外れていると、すべてのメールに自動返信してしまいます。
  6. 右上「保存」をタップします。

更新日:2012年09月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する