マレーシア/クアラルンプール

クアラルンプールの空港からのアクセス

クアラルンプールに着陸時、わくわくしながら地上を見下ろすと、一面に広がっている椰子の木のジャングル。マレーシアが熱帯の異国であることを実感する瞬間です。クアラルンプール空港(KLIA)は「森の中の空港」であり、大都会のクアラルンプールからは約77キロも離れています。

この記事の担当ガイド

滞在経験を通して、多民族マレーシアの魅力を伝える編集ライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クアラルンプール国際空港から市街地へ KLIAエクスプレス、またはタクシー

KLIA

「森の中の空港、空港の中の森」をテーマしたクアラルンプール国際空港

クアラルンプール国際空港(KLIA)からクアラルンプールまでは約50キロ。さらにブキビンタンなどの中心地までは約77キロも離れていて、かなり距離があります。日本でいうなら、成田空港のようなイメージ。とくに空港に向かう帰りは、時間に余裕を持って行動しましょう。

空港からの移動手段は、KLIAエクスプレスとクーポン制のタクシー。高速バスもありますが、30分に1本の運行で本数が少なく、限られた日程の旅行ではあまりおすすめしません。

KLIAエクスプレスは、空港とKLセントラル駅を約30分で結びます。快適な車内で時間も早いのですが、乗車券の価格は高め。2人以上の旅ならば、クーポン制のタクシーがお得で便利です。

KLIAエクスプレスはKLセントラル駅が終着点

KLIA

交通手段の乗り場は、案内表示板を確認。分かりやすく明示されている

KLIAエクスプレスは、15~20分間隔で運行し、終点のKLセントラル駅までノンストップ、約30分で到着します。利用方法は、まず空港内の案内表示「KLIA EKSPRESS」を目印に、1階の乗り場へ。乗車券をチケットマシーンか窓口で購入して乗車券を持ったまま、電車に乗ります。つまり、空港の乗り場には改札が無く、乗車券は終点のKLセントラル駅の改札で回収される仕組みになっています。ちなみに、帰国時KLセントラル駅からKLIAに向かう場合、KLセントラル駅の改札で乗車券が回収されるので、手ぶらでKLIAエクスプレスに乗車することになります。

KLセントラル駅から目的地までは、LRTやモノレールの公共交通手段、またはクーポン制のタクシーを。クアラルンプール最大のビジネス街であるKLCCまではLRTで約15分、ショッピングの街ブキビンタンまではモノレールで約15分。タクシーを使えば、クアラルンプールの目的地までこちらも約15分、料金は20リンギぐらいです。

もうひとつ豆情報。日本への帰路時にKLIAエクスプレスを使う場合、マレーシア航空、キャセイパシフィック航空などはKLセントラル駅でチェックイン可能。荷物も預けられますが、出発時刻の2時間前までに駅でのチェックインが必要です。

更新日:2012年08月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する