京都の観光・旅行/京都の観光スポット

錦市場のおいしい歩き方 「京都の台所」を堪能する旅

京都旅行でおすすめしたいグルメスポットが“京の台所”と呼ばれる錦市場。京都の食材が一堂に集結する400年以上前から栄える場所です。様々なメディアでこの錦市場は紹介されていますが、今回は特に女性向けの美味しいお店をご案内していきます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

観光色を少し外した錦市場の歩き方

錦市場 全景

錦市場は京都人の台所。

“京の台所”と呼ばれる錦市場は、京都の食材が一同に集結する場所。商店街振興組合に属する店は126店舗。道幅は3.25メートルから5メートル、そして全長390メートルという、いかにも京都らしい細長い商店街です。今のようにアーケードがあるスタイルになったのは1993年のこと。歴史は古く、400年以上前から魚を中心に栄える場所です。

さまざまなメディアが錦市場を紹介していますが、今回は主婦的目線、そしてちょっぴりミーハー的目線の2つをもって西からご案内していきましょう。

店舗の位置は錦市場商店街のHPをご覧ください。

うどんの老舗が放つバウムクーヘン

冨美家正面

大きなバームクーヘンが目印

最初に立ち寄りたいのは「冨美家 錦総本店」。創業60年になるうどんのお店ですが、昨今リノベーションし、日に100個近く売れるバウムクーヘン「ふぅばうむ」も販売しています。ここでのおすすめは、うどんのセット。うどんはじめ、ねぎ、卵、餅、つゆなどがパックされ、鍋さえあればすぐにおいしいうどんが作れます(京風鍋焼きうどん 462円)。

昆布のきいた甘めのだし「京のおだし」(325円)は、ほっとする味。だしだけの販売もあり、これがまた重宝します。我が家ではしゃぶしゃぶにしたり、雑炊を作る時にもよく使っています。日持ちもしますし、どんな食材にも合う柔軟さが魅力で、冷蔵庫に常備しておくと便利ですよ。
冨美家バームクーヘン

しっとりした食感がクセになる

「ふぅばうむ」は今回がお初。バターの風味が高く、しっとりとした生地で、甘さはやや控えめ。プレーン(1050円)、抹茶(1155円)の2種がありますが、個人的にはプレーンが好み。紅茶というより、甘めのソーテルヌワインに合わせたくなる。そんな大人向けのバウムクーヘンです。ピース売りもしているので、自分用にも、ばらまき土産にも最適です。

■冨美家 錦総本店
住所:京都市中京区錦小路通堺町西入中魚屋町493番地
電話:075-221-0354
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休

更新日:2013年09月11日

(公開日:2012年09月11日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    77

    この記事を共有する