家庭菜園/野菜別の育て方

枝豆の育て方・栽培方法

枝豆はプランターでも簡単に育てられる割に、失敗も多い野菜。栽培手順から、肥料などの準備するもの、手入れの仕方、大豆にする方法など、育て方のポイントを紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビールのお供といえば、枝豆。皆さんもご存じのとおり、大豆を若いうちに収穫したものがエダマメです。ですから、黒大豆のエダマメなども作ることができます。また、完熟するまで放置しておいて、その後乾燥させれば大豆になるので、保存しておいて、自家製豆乳などを楽しんだりすることもできます。


枝豆の栽培スケジュール

枝豆は、「実が入る時期に雨が必要」といわれています。よく、「誰でも簡単にできる」と言われている割には、「失敗した」という経験をよく耳にする、不思議な野菜でもあるのですが、実の入る時期に水が足りなかったことが原因というケースが多いようです。

エダマメの栽培スケジュール

実入りの時期に梅雨などの長雨の時期をタイミング良く合わせるのがコツ

種袋の説明に、「播種後○○日程度で収穫ができる中早生種。」といった説明が必ず書いてあります。収穫時期に梅雨や秋の長雨の時期が当たるように逆算して、種まきの時期を決めると良いでしょう。


準備するもの

農家の方は、田んぼの畦などで枝豆を育てています。枝豆は、水もちの良い粘土質の土なら、やせ地でも育つ野菜です。逆に、葉を育てる栄養素であるチッ素分が多すぎるとうまくできません。また、カリ分をよく好み、「灰がなければ豆蒔くな」と言われるほどです。

地植えにする場合は、元肥は使用せず、草木灰もしくはくん炭を土に混ぜ込んでおきます。コンテナで栽培する場合は、肥料分の高い新品の培養土でなくても構いません。使い古しの培養土から古い根などを取り除き、一度、日光に当てたものなどに、草木灰やくん炭を良く混ぜておけば大丈夫です。


植えつけ方

枝豆は、種から育てます。地植えにする場合は、畝の幅を60cmくらいにとり、1ヵ所に3~4粒を15cm間隔くらいで蒔いていきます。コンテナの場合は、幅60cmのものであれば、左右の2ヵ所にそれぞれ3~4粒蒔きます。直径25cmくらいの円形のコンテナであれば、真中に1ヵ所、3~4粒蒔きます。

発芽するとき、豆自体が土の上に出てきて、そこから双葉になるので、鳥に食べられてしまうことがよくあります。播種後は寒冷紗などをかぶせて管理し、本葉が2~3枚出てきたら外すようにすると、鳥の被害を防ぐことができます。

次のページでは、枝豆から大豆になるまでの育て方を紹介しています!


更新日:2013年08月14日

(公開日:2012年06月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    53

    この記事を共有する