京都の観光・旅行/京都のお土産

絶対買って帰りたい京都土産(スイーツ編)

京都のお土産スイーツといえば「八橋」が定番ですが、たまには違ったものも贈りたいもの。贈って「さすが!」と思われるスイーツをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都のお土産スイーツ

京スイーツの定番というと、まず頭に浮かぶのが「八橋」と答える方がほとんどなのではないでしょうか? 今はホントに色々な種類があって、抹茶や黒ゴマを生地に練りこんだものや、季節のフルーツなどを餡に仕立てたものまで多種多様。これもまたいいのですが、ホンの少しだけお土産選びにパワーを注いで、「さすが!」と思わせるものを贈ってみませんか?

京都マダム御用達!
高級な抹茶を使用した和スイーツの決定版

茶の菓

抹茶の苦味がホワイトチョコレートの甘味を引き立てます!

最初にご紹介したいのは「抹茶もん」と呼ばれるスイーツから。京都マダムたちが集うラグジュアリーなレストランやブティックが立ち並ぶ北山にある「マールブランシュ」が放つ、「お濃い茶ラングドシャ 茶の菓」が、おすすめです。ほろ苦い抹茶生地と、あまーいホワイトチョコのハーモニーが絶妙で、食べた途端、舌が味を記憶してしまう優秀なスイーツです。

名前にある濃い茶って何のことかわかりますか? 聞きなれない方のためにちょっと説明しますね。 抹茶には種類があって、黒味を帯びた深い緑色の濃茶と、目にも鮮やかな緑の薄茶があります。「茶の菓」に使われているのは前者。実は抹茶本来の甘味を堪能するには、濃茶のほうがいいのだそうです。確かに最初は苦味が先立ちますが、後からじわっと抹茶独自の甘味と旨味が口の中で広がるのがわかります。

この「茶の菓」に使われている抹茶は江戸時代から続く「小島茶園」のもの。よしずで茶園を覆う「本覆茶園」という農法によって作られた超一級品で、甘味と旨味が一般の茶葉より多いのが特徴です。さらには茶鑑定士によって厳選された茶葉を、香りが逃げないよう、丁寧に石臼で挽いたものを使用しています。5枚で630円と決して安くはありませんが、こうしたこだわりを聞くと、「なるほど納得」ですよね。ささっと片手間に食べるのではなく、時間に余裕をもって、おいしくいれたお茶と一緒に食べていただきたい。そんなスイーツです。


極上の口溶けが後を引く、京都地区限定のスフレロールケーキ

ちなみにこのお店ではもう一つ、おすすめしたいお土産があります。
それは京都地区のお店でしか買えないスフレミルクロールです。

マールブランシュ北山

ふわっふわの生地は口どけが最高です!

もちもちっ、ふわふわっとしたスフレ生地の中に、上品な甘さのクリームがたっぷり。 赤ちゃんのほっぺのような食感のせいでしょうか? このスイーツを食べると、自然と目尻が下がってしまいます。生ものなので、その日中に差し上げることが条件となりますが、自分へのお土産としても十分に価値があります。「ロールケーキ、一本は多いのでは?」と思われるかもしれませんが、ご心配なく。甘いものをほとんど食べない飲兵衛の私が、即、ペロリと半分食べてしまいましたから(笑)。

マールブランシュ北山本店
住所:京都市北区北山通り植物園北門前
TEL:075-722-3399 フリーダイヤル0120-139-399
営業時間:10:00~19:00
定休日:無休
地図:Yahoo!地図情報

>>次は京風アイスクリームと二口サイズのチーズケーキを紹介します!

更新日:2012年08月21日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    32

    この記事を共有する