デジタルカメラ/おすすめデジタルカメラレビュー

2012年上半期 ガイド注目のコンパクトデジカメベスト5

2012年に入り、これまでに発表・発売されたコンパクトデジタルカメラの中から、ガイドが最も注目した5機種をピックアップ。人気や販売実績だけでなく、機能や付加価値など多角的な視点から選んでみました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガイドが選ぶ2012年上半期の最新コンパクトデジカメ・ベスト5

2011年は大震災やタイの洪水による生産拠点の影響などにより、少々停滞気味だったコンパクトデジカメ市場。しかし2012年を迎えてから各メーカーの生産や開発のペースもほぼ平常に戻り、新製品発表の頻度や販売実績なども回復傾向を見せているようです。

そこで2012年上半期に発表・発売されたコンパクトデジカメの中から、ガイドが特に注目したベスト5をご紹介したいと思います。


第5位
パナソニック LUMIX FX80

Panasonic LUMIX FX80

パナソニック LUMIX FX80


パソコンを使わなくても簡単に画像処理が行えるいわゆるレタッチ機能やフィルター機能は、SNSや写真共有サイトとの親和性に優れるスマートフォンの分野で大きく躍進していますが、コンパクトデジカメだって負けてはいません。

パナソニックの「LUMIX FX80」に搭載されたビューティレタッチ機能は、まるでメイクをするように肌やリップの色を変えたり、アイシャドウを入れられるほか、アゴのラインをスリムにしたり目を大きくするなんてことができるのです。

また、アーティスティックレタッチ機能ではポップやレトロ、ソフトフォーカスなど6種類のフィルター機能に加えて色合いや明るさを細かくコントロールすることが可能。

基本スペックも光学5倍&超解像iAズーム10倍ズームレンズや、AVCHDフルハイビジョン動画、タッチパネル&おまかせiAによる簡単操作・簡単撮影など機能面も充実しており、今回5位にランクインしました。

 

第4位
カシオ EXILIM EX-ZR300

CASIO EXILIM EX-ZR300

カシオ EXILIM EX-ZR300


まだ発売されたばかりの機種ですが、前モデルの「EX-ZR200」も含めた「ハイスピードエクシリム」シリーズが、第4位にランクイン。

従来のコンパクトデジカメというと、起動時間やレリーズタイムラグ、連写・書き込み速度など全体的に動作が遅いというイメージがありましたが、この「EX-ZR300」は0.95秒の起動時間、0.12秒の高速オートフォーカス、0.024秒のレリーズタイムラグ、約0.26秒の撮影間隔など、すべての撮影動作が快速なのです! 

さらに、この高速連写性能と高速画像処理技術を活かして、高速連写モードでは秒間30枚の高速連写が可能なほか、高速連写した画像を合成することでHDR(ハイダイナミックレンジ)や逆光補正、手持ち夜景、スライドパノラマ、HDRアートなど便利で楽しめる機能が満載です。

実はこのハイスピードエクシリム、今年2月に某テレビ番組の対決企画で「どんな速い動きも撮影できるカメラ」として登場。対決では残念ながら負けましたが、その高速連写性能のすごさが広く知れ渡り、売り上げも大幅にアップ。2012年上半期の売り上げランキングでは間違いなくトップクラスに入るでしょう。

 

続いて第3位、第2位の機種をご紹介しましょう。

更新日:2012年06月13日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する