男の靴・スニーカー/靴のショップ情報

速報! スコッチグレイン 東京ソラマチ店 前編

遂にオープンした巨大電波塔・東京スカイツリー(R)。これに付随する商業施設である東京ソラマチ(R)に出店したのが、日本のビジネスマンの足元を長年支え続けると共に実はご近所でもあるSCOTCHGRAINです。この店にしか並ばない、しかも足数完全限定の靴を今回は速報でご紹介!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域・沿線の力が結晶化した逸品!

スパイダー・栃木レザーバージョン

2011年から店舗限定で販売されているブーツ「スパイダー」の、東京スカイツリータウン・ソラマチ店限定バージョン。同じ東武沿線にある栃木レザー製のベジタブルタンニン鞣しのアッパーは、持ち主のお手入れの仕方次第で表情が思いっきり変化します。各色限定20足のみ。3万9900円(スコッチグレイン 東京スカイツリータウン・ソラマチ店 TEL:03-5809-7012)

続いてご紹介するのは、昨年の春に同社のecute上野店限定としてまずは登場し、現代美術を思わせる斬新なデザインが評判のブーツ「スパイダー(SPIDER)」の超・限定モデルです。アッパーの作製時にどうしても発生してしまう小さな革片を再利用している点でも注目されているこの靴は、そもそもはこの東京スカイツリー®の開業を契機に地元・墨田区の産業活性化を目指した「すみだものづくりコラボレーション」プロジェクトから産み出されたもの。ホームグラウンドが遂に完成したのを記念して、ecute上野店だけでなく銀座・大阪の直営店、そしてもちろんこの店舗でも購入できるようになった通常のモデルとは、やや趣の異なるバージョンを創り上げました。

こちらも違いはまずアッパーで、通常はフランスのアノネイ社のベガノカーフ(ネックレザー)を用いるところを、この度の限定品は日本の栃木レザーで製造されたタンニン鞣しのものを採用しています。しかもクロム鞣しの工程が途中に入るいわゆる「混合鞣し」ではなく、それを一切施していない「ベジタブルタンニン鞣し(フルタンニン鞣し)」の革なのです。アッパー用としては非常に珍しいこの牛革は、一般的なクロム鞣しや混合鞣しのものとは明らかに質感が異なり、素朴な雰囲気が全面に出るのが特徴で、お手入れのやり方次第で色合いが大胆に変化するのも魅力です。思い出してみるとこの東京スカイツリー®とスコッチグレイン、そして栃木レザーは全て東武電車で一本に結ばれる関係でして、言わば沿線企業の力を結集した1足なのであります。
スパイダー・ブラッククロコダイルバージョン

実は「スパイダー」には、贅沢の極み・ブラッククロコダイルを用いたモデルも登場しました。こちらは当然ながら限定3足のみ。このお店の奥に迫力満点で鎮座しております! 31万5000円(スコッチグレイン 東京スカイツリータウン・ソラマチ店 TEL:03-5809-7012)

また、アッパーの質感に合わせて、底面をレザーからラバーソール、それもグリップ性に優れたコルクソールに変更したのもこの超・限定モデルのもう一つの見どころ。2点のアレンジでカジュアル性が増したお蔭で、合わせる服の幅が広がった感もあるものの、何せ黒・茶共に限定20足のみですので、ピンと来た方はお早めのご購入がお勧めですよ。なおこれと同じ素材、並びに通常のアノネイ社の革を用いたスパイダー仕様の大型トートバッグも、黒・茶それぞれ8本ずつ合計32本作成され、オープンと同時に店頭に並ぶとのこと。こちらも墨田区の鞄メーカーが作成した逸品ですので、どうせなら靴とお揃いにしてしまいましょう!

と、ここまで書いたところなのですが、実はまだまだ面白い靴が色々あるのです。続きは次回の記事までこうご期待!

【商品案内】
■スコッチグレイン 東京スカイツリータウン・ソラマチ店限定 
スパイダーブーツ
色:ブラック・ブラウン(共に栃木レザー製ベジタブルタンニン鞣し)
製法:グッドイヤー・ウェルテッド
ソール:ラバーコルクソール
サイズ:いずれも23.5~27.0 0.5刻み EE
限定足数:いずれも各20足のみ
価格:3万9900円 と、ここまで書いたところなのですが、実はまだまだ面白い靴が色々あるのです。続きは次回の記事までこうご期待!

【店舗案内・お問合せ先】
スコッチグレイン 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ1F(イーストヤード1F「ソラマチ商店街」)
地図: Yahoo!地図情報
TEL:03-5809-7012
営:9時~21時 
休:無休

【関連リンク】
スコッチグレイン
東京ソラマチ
東京スカイツリー

【最近の記事】
南船場の靴修理店 OLD HAT - Shoe Artisans - 後編
南船場の靴修理店 OLD HAT - Shoe Artisans - 前編
HIRO YANAGIMACHIの新作サイドエラスティックシューズ


更新日:2012年05月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する