マカオ/マカオの観光・世界遺産

サンズコタイセントラル/マカオ

2012年4月11日にコタイ地区に開業したサンズコタイセントラル。コンラッド、シェラトン、ホリデイインの3ホテルを中心に、カジノ、ショッピングモールコンベンションセンターなどからなる複合リゾートです。大注目の最新スポットの見どころをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コタイにまたまた巨大リゾート! サンズコタイセントラル

サンズコタイセントラル外観 (c) The Sands Cotai Central

サンズコタイセントラル外観 (c) The Sands Cotai Central

正面エントランス。開業初日は長蛇の行列に (c) The Sands Cotai Central

正面エントランス。開業初日は長蛇の行列に (c) The Sands Cotai Central

2007年ヴェネチアン、2008年プラザ、2009年シティオブドリームズ、2011年ギャラクシーと続々巨大リゾート施設がオープンしているマカオ・コタイ地区。2012年の目玉は4月11日にオープンしたばかりのサンズコタイセントラル(金沙城中心)です。3つのホテルを中心に、カジノ、ショッピングモール、コンベンションセンターなどからなる複合リゾート施設。現地では英語で「SCC(エスシーシー)」、中国語で「金沙城(ガムサーセン)」という略称で呼ばれています。早速、施設の見どころを紹介してまいりましょう。

リゾートを彩る3つのホテル

コンラッド・マカオの客室イメージ (c) The Sands Cotai Central

コンラッド・マカオの客室イメージ (c) The Sands Cotai Central

シェラトン・マカオの客室イメージ (c) The Sands Cotai Central

シェラトン・マカオの客室イメージ (c) The Sands Cotai Central

サンズコタイセントラルには3つのホテルが入っています。最高級の位置付けにあるのがマカオ初登場の「コンラッド・マカオ・コタイセントラル」。39階建てのタワー内にあり、客室数は約600。スタイリッシュな雰囲気を持つラグジュアリーホテルです。

次に、マカオ最大規模となる4,000室もの客室数を誇る「シェラトン・マカオ・ホテル・コタイセントラル」。こちらもマカオ初となります。特筆すべき付帯施設は有名なシャインスパ(Shine Spa for Sheraton)と9,000平米にも及ぶ広大なコンベンションスペース、4,000人が収容できるというアジア最大のボールルームです。プライベートはもちろん、ビジネス(出張)での利用機会もありそうです。

さらに、マカオで2軒目、コタイ地区で初めてなる「ホリデイイン・マカオ・コタイセントラル」。こちらの客室数は約1,200室。コタイ地区で初めてのリーズナブルな価格帯のホテルとしても注目を集めています。なお、ホテルはコンラッド、ホリデイインが先行開業しており、シェラトンは2012年夏以降順次オープンする予定です。

その他のマカオのおすすめホテルはこちら>>>マカオのホテル

更新日:2012年05月18日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する