税金/家や土地にかかわる税金

固定資産税の支払い納期っていつまで?

固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有している人に市町村が課する税金です。固定資産税の納税通知書が送られてきたら、いつまでに納めればいいのでしょうか? 納付が遅れた場合のペナルティや、支払えない場合の徴収猶予・減免手続きについても押さえておきましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

固定資産税とは

固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有している人に市町村(東京23区の場合は東京都)が課する税金です。固定資産税は賦課課税制度といって市区町村が自動的に税額を計算し、納税通知書を送ってくるということもその特徴のひとつです。

では、納税通知書が送られてきたら、いつまでに納めればいいのでしょうか? また納付が遅れた場合のペナルティや、支払えない場合の徴収猶予、減免という手続きについても押さえておきましょう。

固定資産税は毎年1月1日を基準として課税される

固定資産税は、毎年1月1日における固定資産の所有者に対して、固定資産の課税標準額をもとにして課税されます。

詳しくはこちら>>>土地・家屋にかかる固定資産税の計算方法

固定資産の課税標準額とは、固定資産税課税台帳に記載された額です。納税通知書は、毎年1月1日の固定資産税課税台帳登録者に対して送られてきます。

したがって、固定資産税の基準日は毎年1月1日となっていて、この基準日のことを賦課期日といいます。1月1日における固定資産の所有者が、固定資産税の納税義務者ということになります。

賦課期日である1月1日の固定資産の所有者に、その年の固定資産税の「全額」が課税されます。年の中途でその固定資産を他に譲渡した場合でも、売却後の期間に応じた税額分を還付されることはありませんので、注意しましょう。

固定資産税の徴収方法とは

固定資産税の納付方法は「普通徴収」といって、1月1日の固定資産の所有者に市町村から納税通知書が送られてきます。ただし、固定資産を共有で所有している場合、別々に納税通知書が届くことはなく、東京都の場合でいえば共有者氏名が欄外に記載されるようになりました(下図参照)。

この場合、固定太郎は納税義務者ですが、固定花子も連帯納付義務を負うことになります。
平成21年度からの記載変更(出典:東京都主税局)

平成21年度からの記載変更(出典:東京都主税局)

固定資産税の支払い納期はいつまで?

固定資産税の納期は年4期に分け、市町村ごとに条例で定めてよいとされています。固定資産税の納税通知書は、遅くても納付期限の10日前までに納税義務者に送らなければいけないため、例えば5月末日が納付期限の場合の固定資産税は、5月初旬に納税通知書が送られてきます。

ちなみに東京都の場合、平成26年度の固定資産税の納付期限は以下の4期です。

第1期……6月30日
第2期……9月30日
第3期……1月5日
第4期……3月2日

固定資産税を滞納すると延滞金が発生!支払えない場合はどうする?>>>


更新日:2014年04月15日

(公開日:2012年05月11日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    17

    この記事を共有する