雑貨/古道具・アンティーク

東京蚤の市、開催

ヨーロッパ各地で行われているような蚤の市をイメージして、古いものを扱うお店を全国から集め、東京・調布のレトロな元レジャー施設「京王閣」にて開催されます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全国から、古いものを扱う店が集まる。

全国から、古いものを扱う店が集まる。

ひとの手と、大切に使われてきた時間とがもたらす、古いものの美しさを知ってほしい。それはきっと、新しい使い手の暮らしも、豊かにしてくれるはずだから。

ヨーロッパの都市に出かけると、各地で行われている蚤の市(古もの市)。なんとも楽しい雰囲気で、おしゃれで、そこを訪れるとまるで、子どもの頃に戻って宝探しをしているような気分になります。「日本にも、“ああいう雰囲気”に満たされた蚤の市があったら良いのに」そんな思いから、「東京蚤の市」は誕生しました。

そこは、古きものとひと、そしてものを慈しむひととひととの出会いの場。
会場には、私たち手紙社が心惹かれた「古いものを扱うお店」が、全国から集います。そしてスツール・棚・テーブルといった家具、お皿・鍋・調理器具などの暮らしの道具、いつまでも大切に残しておきたい古書、さらにファブリックにカメラなど、店主が吟味した古いものの数々が並びます。
また、クリエイターによるフリーマッケットコーナーを設け、ライブ、「買い付けの旅」をテーマにしたトークショー、リメイクワークショップなども開催。
賑やかで楽しい2日間になる予定です。

5月26日と27日は、数ある「古いもの」のなかから、あなただけの宝ものをみつけに、京王閣へお越し下さいね。
(東京蚤の市HPより抜粋)

第一回 東京蚤の市 概要
日程:5月26日(土)、27日(日)
時間:11:00 ~ 17:00
開催場所:東京オーヴァル京王閣
     東京都調布市多摩川4-31-1
http://tokyonominoichi.com/

入場料:300円

※荒天の場合をのぞき、雨天決行です。中止の場合は、当日の午前7時までにホームページで告知させていただきます。
※イベントの内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

電車の場合
新宿駅から準特急「高尾山口」行
調布駅乗換え快速・普通「橋本」行
「京王多摩川」駅下車徒歩0分

お車の場合
中央道、調布ICより甲州街道を新宿方面へ、鶴川街道を右折10分

主催:手紙社 後援:調布市、調布PARCO
協力:東京オーヴァル京王閣

主催は、毎年3万人の来場者を集めるという、人気の野外イベント「もみじ市」を運営する手紙社。手紙社ならではのセレクトで、古家具・古雑貨、古書などを扱う店を全国から集めています。あまりまだ知られていない小さなお店やネットだけの店なども参加。かなりマニアックな品揃えを期待できそうです。現在公表されているのは52店舗で、さらに増える可能性も・・・。毎日「東京蚤の市」ブログにて、各店舗が紹介されていますので要チェック!また、もみじ市同様、飲食部門もあります。こちらもかなり魅力的な方々が参加する模様。そしてさらに、トークショーやワークショップ、クリエイターによるフリーマーケットもあります。盛りだくさんな内容ですね。
手紙社の北島勲さんに、どんな蚤の市になりそうですかと伺ってみたところ、「おしゃれな蚤の市に・・・、おしゃれな蚤の市にしたい・・・。」とうわごとのようにつぶやいておりました・・・(笑)。古いもの、かわいいものが好きな人にはたまらない、楽しい蚤の市になりそうです。


★ご来場いただくみなさまへ
[入場について]
入場後、会場の外に出た場合、再入場は出来ません。入場料金には、古家具、古道具、古書などでの商品の購入代、カフェ等での飲食代は一切含まれません。入場は当日のご来場順になります。ペットの入場はお断りさせていただきます。

[ゴミ]
ゴミは基本的には、お持ち帰りいただきますようお願い申し上げます。会場内で出ましたゴミにつきましては、購入されたブースのゴミ箱へお捨てください。
[喫煙]
喫煙は、会場内に設置してあります『喫煙コーナー』をご利用ください。

[事故、事件]
会場内で発生した事故、事件、盗難、負傷につきましては、主催者、会場は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

★会場について
もともとこの敷地は、旧京王電気軌道(現在の京王電鉄の前身)が開設したレジャー施設でした。レジャー施設としての「京王閣」が誕生したのは1927年6月1日のこと。園内には総大理石貼りの大浴場、和洋食のメニューも多彩な大食堂、カフェ、ビリヤード場などの各種遊戯施設を完備した鉄筋3階建ての本館と、メリーゴーラウンド、ウォーターパークや演芸場を備え、その規模は東京近郊では最大を誇り、そこは「関東の宝塚」と称されるほどだったとか。それらが取り壊されたあと、その敷地にできたのが「京王閣」競輪場。日々、激しい競技が繰り広げられる場所でありながら、レジャー施設だったころの名残が、どこかのどかな雰囲気をこの場所に漂わせています。

★主催者について
雑誌「自休自足」「カメラ日和」の創刊編集長を務めた北島勲と、雑誌「マイガーデン」の副編集長を務めたわたなべようこを中心とした編集集団。
調布市でカフェと古本と雑貨 「手紙舎」と、紙もの・手しごと・古道具「手紙舎」(調布PARCO店)を運営。 そのほか「もみじ市」、「カフェ&ミュージックフェスティバル」の企画・運営、書籍の編集など、 カタチにとらわれない活動を続けている。

主な活動内容
【もみじ市2011】 → http://momijiichi.com/
【森のカフェフェス】 → http://cafeandmusic.com/
【著書】 → 「かわいい印刷」(ピエ ブックス)、「プレゼント・スイーツ」(河出書房新社) etc

★お問い合わせ
住所:東京都調布市西つつじヶ丘4-23-35-101
電話:042-426-4383
手紙社webサイト → http://tegamisha.com/

編集部おすすめの購入サイト

楽天市場で人気の雑貨を見る

更新日:2012年05月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する