家族のお弁当レシピ/短時間で作るお弁当レシピ

効率よく短時間で!朝のお弁当、手早く作るコツBest5

春本番、新生活を迎えて新たにお弁当作りにチャレンジする方も多いのではないでしょうか。ビギナーもベテランも、忙しい朝は、できるだけ時間を無駄にせずにお弁当を作りたいのは同じ。効率的にお弁当を仕上げるコツを、ランキング形式でご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 忙しい朝のお弁当づくり、短時間調理と効率性が大切

right

お弁当作りは毎朝時間との勝負。お弁当の数が多いほど効率性が求められます

新生活が始まり、お弁当作りがスタートする方も多いのではないでしょうか。暮らしのAll Aboutの読者アンケートによれば、毎日のお弁当づくりにかける時間は、半数以上が15~20分以内。さらに【最も知りたいお弁当テクニック】は、やはり半数以上が「短時間で調理できる」でした。

今回は、短時間でお弁当を完成させるコツを、ランキング形式でご紹介。皆さんの日々のお弁当づくりのヒントになりますように。


 第5位 作りおき惣菜で備え万全、衛生面も安心

right

冷めてもおいしく、余りがちな調味料のマスタードもおいしく消費

詰めるだけの作りおきおかずは強い味方。全てを作りおきする必要はなく、おすすめは肉や魚のメインおかず。お肉やお魚は、十分加熱が必要で、衛生面でもまな板や包丁を変えるなど、他の食材と接触しないようにする注意が必要です。

最もスペースをとる主菜を作りおきがあれば、後は副菜のゆで野菜やミニトマト、佃煮などですきまを詰め、はいもう完成です。

→【レシピ】パンにもごはんにも好相性「ハニーマスタードチキン」


 第4位 レンジ調理で、短時間加熱・洗いものも少なく

right

主菜も副菜も、全部レンジ調理!

電子レンジは、短時間加熱で、調理中に目を離してもふきこぼれなどがなく安心、後片付けも簡単に済みます。

レンジ調理では、食材の大きさを均一にしたり、途中で上下を返すなど、加熱ムラを防ぐ調理のコツがあります。お使いの電子レンジの特性をつかんで大いに活用しましょう。

ちなみに、焼いたりする場合はオーブントースターもなかなか便利。こちらも、効率良くおいしく作る味方になってくれます。

→【レシピ】レンジ加熱のみで完成!鶏ケチャップ味噌焼き弁当


 第3位 火の通りの早い食材や切り方で時間短縮

right

ただ焼いてタレに漬けるだけの簡単レシピですが、味は抜群!

薄切り肉や葉ものなど、火の通りが早い食材は、短時間調理の基本の1つ。また、時間がかかる食材は、薄切りや細切りにして、調理時間を短縮します。

食材の大きさや厚みを揃えると熱伝導が均一になり、生焼けや、必要以上の加熱による色の劣化も防いでくれ、さらに味もムラなくしみます。

【レシピ】残り物の刺身で簡単!鰹と野菜の焼きびたし弁当


 第2位 調理器具1つで手軽に、洗いものも最小限に

right

フライパン1つで完成。スパイスは冷めても味落ちしにくい

熱伝導がよい一番手軽な加熱調理器具、といえばやはりフライパンでしょうか。樹脂加工で、少し深めのフライパンなら、焼くだけでなく、煮物や蒸し物、ゆでものまでまかなえます。

例えば、焦げ付きにくい卵焼きや野菜の素焼き→肉を焼く順の調理ならば、途中でフライパンを洗わずに使えます。最初にお肉を焼いて、その後煮込み料理、も同様。フライパンが汚れにくく、味移りしにくい料理の順番、というコツをおさえれば、調理時間の効率がぐんと上がります。

【レシピ】フライパン1つでできる、ジャンバラヤ弁当


 第1位 火を使わない!1品もので勝負!

right

経済的で簡単で、野菜たっぷり栄養もしっかり。言うことナシ!

迷った時は、丼ものやサンドイッチなど、1品ものが何より手っ取い。なにせ、入れるものに迷わず、盛り付けなど詰める手間もいりません。

缶詰や生野菜、ハム、チーズなど、加熱調理不要の食材の組み合わせなら尚更早い! 加えて、味付けも市販のドレッシングを利用すれば、計量も味見も不要。作るが面倒なときは、アイディア勝負で結構おいしいお弁当ができちゃいます。

【レシピ】野菜たっぷり!10分で完成、サラダぶっかけ弁当
【レシピ】火いらず。10分で完成、ツナサラダ弁当

更新日:2012年03月29日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する