ビューティティップス/初めての美容皮膚科の選び方

皮膚科と美容皮膚科はどう違うの?

最近では、肌荒れやニキビ肌などを治すために通っている人も多いという「美容皮膚科」。今回は、一般的な「皮膚科」と「美容皮膚科」の違いを紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近では、肌荒れやニキビ肌などを治すために通っている人も多いという「美容皮膚科」。今回は、一般的な「皮膚科」と「美容皮膚科」の違いを紹介します。


美肌効果が断然高いのは美容皮膚科

a

 

皮膚科と美容皮膚科、ふたつとも医療機関で医師が診断し、治療を行うという点は一緒です。基本的に、一般皮膚科は主に保険で治せる疾患治療をしています。

美容皮膚科の場合、病気というよりも美容的な側面の強い疾患を治療します。美肌に詳しい肌の専門ドクターが、悩みやコンプレックス・トラブルを最先端の医療機器と治療で改善していくのが美容皮膚科です。



基本的には自費ですが、保険診療が使える場合も

ほとんどが自由診療になり、保険診療と違い各医院によって治療費が異なります。もちろん、すべてがきっちり分かれているわけではなく、一般にも美容にも共通する疾患もあります。アザやニキビなどの疾患であることが前提で、限られた薬や処置法のみに適用可能。美肌のレベルアップには届かないので、高い効果を期待する場合は自由診療をお勧めします。


ゆったりとしたインテリアでくつろぎの時間を

最近はここが本当にクリニック? と驚いてしまうような、素敵なところが続々。受付での対応も丁寧で、先生もフレンドリーですから分からないことも聞きやすくて安心できると思います。エステ感覚で通える、お気に入りのクリニックを見つけてみてはいかがでしょうか。


ニキビも美容皮膚科なら早く綺麗に治ります

美容皮膚科では、飲み薬、塗り薬、ケミカルピーリング、レーザー、注射など、数多くの選択肢の中から、あなたの肌に最も適していると思われる治療法を組み合わせてニキビに多面的にアプローチします。できているニキビとニキビ跡を同時進行しながら治していくので、治るまでの期間も短くニキビ跡も気になりません。

ニキビ治療では過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンが入った塗り薬やピーリング、イオン導入などをメインに行います。ニキビ跡の治療ではお肌の奥深くまで安全にエネルギーを浸透させるオーロラや、成長因子を浸透させるメソスキンなど最先端の技術を使って肌を内側からよみがえらせます。

カウンセリングのみの来院も受け付けているクリニックも多いので、まずは気軽に肌悩みを相談してみてくださいね。

更新日:2012年03月21日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する