漢方・漢方薬/冷え・むくみ・だるさ・夏バテの漢方

当帰四逆加呉茱萸生姜湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は、寒さで血流が悪くなるために起こる手足の冷えやしびれ、頭痛、腹痛、腰痛によく処方される漢方です。冷えによって症状が悪化したり、痛みが生じる場合にオススメです。

この記事の担当ガイド

生活者目線で漢方を追求! 手軽に作れる薬膳レシピのパイオニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

寒さで血流が悪くなるために起こる手足の冷え、痛みやしびれに。

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」の効果

image

冷えによる生理痛やしもやけ、レイノー病などにも用いられる

手足の冷え、冷えによる頭痛、下腹部痛、腰痛、生理痛、嘔吐、凍傷、皮膚病、リウマチ、しもやけ、レイノー病、慢性虫垂炎などに。

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」に入っているもの

当帰(セリ科の根)、桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)、芍薬(シャクヤクの根)、木通(アケビ科の茎)、細辛(ウスバサイシンなどの根や根茎)、大棗(クロウメモドキ科の果実)、甘草(マメ科などの根やストロン)、呉茱萸(ミカン科の未成熟な果実)、生姜(ショウガの根茎)

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」が合わない人

カラダを温める作用が高いので、のぼせ性や体内に余計な熱がこもっている人には不向きです。なお、しもやけの場合、血行を促進する桂枝茯苓丸などを併用するとよりベターです。

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」の飲み方などの注意点

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事をする1時間前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • クラシエ ベルクリーン錠 (クラシエ薬品)
  • シモツS「コタロー」 (小太郎漢方製薬)
  • ツムラ 当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキス顆粒(医療用)(ツムラ)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキス細粒 (松浦漢方)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 シンワ (伸和製薬)

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

当帰四逆湯に呉茱萸と生姜を加え、カラダを温めて水分代謝をよくする作用を高めた処方です。下腹部や胸の脇、陰のうなど、肝の経絡が通っている場所の冷えや痛みを緩和し、肝を養う血液を補い、温めてくれます。

■具体的な生薬の効能
当帰と芍薬が血液を補い、肝の働きを高めます。桂枝と細辛は気血の通り道を温めて流れやすくし、甘草と大棗は消化機能を調整しながら、他の生薬の働きをサポートします。呉茱萸と生姜はカラダを温めながら嘔吐を止めたり、気の流れを良くする働きもあります。

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」のおまけのエピソード

手足の強い冷えを「厥冷」(けつれい)というのですが、寒冷によって起こる厥冷の治療にいい処方です。通常、冷えがあると熱性の高い附子などの生薬を用いがちですが、冷えの原因が血の栄養が不足している血虚であることから、乾燥によって血液を消耗させないようにしている工夫が見られます。

ちなみに四逆湯と四逆散という処方もありますが、四逆湯の配合は附子、乾姜、甘草で、四肢の冷えによく、四逆散は柴胡、枳実、芍薬、甘草。四逆散は冷えも取りますが、ストレスなどにより気が張ったり、胸わきが痛くなるような症状の緩和に使用し、構成や用途が異なります。

更新日:2012年01月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    9

    この記事を共有する