虫歯/虫歯に関するよくある質問

その痛み本当に虫歯……?虫歯と間違えやすい歯の痛み

歯が痛いとすぐに「虫歯」と考えてしまいませんか? 痛みが出るのは虫歯だけではありません。歯が脆くなるため、できるだけ残したい歯の神経。痛みの性質を知って上手に対処しましょう。

この記事の担当ガイド

歯のお悩みを読者目線で分かりやすく解説する現役歯科医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯の痛みの特徴とは

歯の痛み

「ズキッ!」っとする歯の痛みは我慢するのが難しいことも……

歯の痛みは、歯の内部にある「歯髄」と呼ばれる神経に刺激が加わり、そこから脳にシグナルが送られることで起こります。特徴としては、刺激が全て脳に送られるわけでは無く、弱い刺激では、何の信号も送りません。

しかしある一定のライン(閾値)を超えた瞬間にいきなり痛みの刺激だけが送られるのです。このとき歯髄が送ることができる感覚は、「痛覚」だけです。

歯の外側にある「エナメル質」は無知覚なため、たとえ削ったりしても、刺激を歯髄に伝えることが出来ません。しかし歯の内部にある象牙質は、歯髄に刺激を敏感に伝えます。例えばむき出しになった象牙質では、約26℃以下の温度で冷痛となり、約48℃以上で温痛になると言われています。

歯の痛みは放散痛を起こしやすく、原因となった歯の周囲に痛みが拡がるため、痛いと感じた場所が手前でも、実際には奥の歯が虫歯だったり、上の奥歯が、痛い感じたのに、下の奥歯が原因だったと、自分では痛みの原因歯を特定することが難しいことも特徴です。

虫歯と間違えやすい歯の痛み

実際に良く見かけるケースを紹介します。

■知覚過敏
露出した象牙質などに冷たい水などが触れた際に、一瞬痛みが走ることがあります。これは温度が原因で、刺激が閾値を超えたために起こる歯の痛みです。この場合、虫歯のように細菌感染しているわけではありません。

■進行した歯周病
重度な歯周病では、虫歯が全くない歯でも、歯ぐきが下がり歯の根の露出が増えるため、少しの刺激で歯が痛むことがあります。またグラグラ揺れるため、噛むと進行した虫歯と同じように痛くなることがあります。

■根先性歯周炎
虫歯が原因で起こることもありますが、以前歯の神経を抜いた歯が、数年後に根の先端に炎症を起こすことがあります。噛むと痛んだり、あごの骨に鈍い痛みが、起こることがあります。

■咬耗(こうもう)
歯が摩耗すると噛み合わせ凸凹に合わせて削れるため、エナメル質が削れ象牙質が一部露出することがあります。食事をすると露出した象牙質が相手側の歯によって刺激され、ピリッっと痛みが走ります。

■食片圧入(しょくへんあつにゅう)
いわゆる歯の間にものが挟まった状態です。食べ物が詰まるため虫歯の穴と間違うことがあります。しかしこまめに取り除けない場合には、すでに本当の虫歯になっていることが多いようです。

虫歯でないのに痛みがある場合

歯の痛みを取るためには、最終的には、歯の内部の神経を抜けば止まります。しかし歯の神経を抜くと、歯の変色や劣化などがおきやすくなり、歯の寿命が短くなる傾向となります。そのため、病院でもできるだけ神経を抜くことを避けます。

診断の結果、虫歯がないことが確認できれば、そのまま経過を見てみるのも一つの手です。知覚過敏などは、噛み合わせの調整などをすると落ち着くことも多く、また数年経過することで、いつの間にか気にならなくなっていることも多いからです。

逆に今すぐこの痛みをなんとかしたいと思うのであれば、ある程度の経過観察の後、神経を抜くような方向で考えることをオススメします。



更新日:2012年01月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    26

    この記事を共有する