子供とおでかけ/冬のおでかけ

首都圏から日帰りOK! 子連れにおすすめのスキー場

雪が初体験の子どもなら、まずは日帰りが手頃。レンタル品が充実しているところも多く、お得なパック料金やサービスデーもいろいろ。思い立ったら行ける気軽さも魅力です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは日帰りでお気軽スノーデビュー

たんばらスキーパーク

今年の冬は家族でスノーデビュー! (写真はたんばらスキーパーク)

「うちの子、雪山を楽しんでくれるかしら?」「私たちも久しぶりだけど大丈夫かな」。スノーデビュー前の子どもを持つパパママにはそんな不安もあって当然。まずは日帰りで行ける近場のゲレンデでスノーデビューさせてみては。

最近ではほとんどのスキー場に子ども専用エリアがあるので、小さな子どもと一緒でも安心。オムツ替えや授乳のスペースを備えたところも増えています。子ども用ウェアなどもレンタルできますが、手袋などの小物は用意がないこともあるので注意。今回は東京から2時間半以内で行ける子連れウェルカムのスキー場を3つ紹介します。

※オープン日は予定です。気象状況により変更もあるため、詳細はお問い合わせください。
※イベントなどの最新情報はお出かけ前にご確認ください。
※写真は去年のものやイメージ等です。

 

親子ペアパックがお得、たんばらスキーパーク(群馬)

スノーエスカレーター

ソリを引っ張るのはなかなかの重労働。スノーエスカレーターがあればパパママもラクラク

キッズガーデン

キッズガーデンでたっぷり遊ぼう


東京から車で約2時間、関越トンネル手前にある「たんばらスキーパーク」は、標高1,300メートルとあって雪質もよく、なだらかコース率80%。子連れやファミリーにも人気のゲレンデです。

小さな子どもの雪遊びに最適なのが、ゲレンデから独立している「キッズガーデン」。雪合戦をしたり、雪だるまをつくったり、ほのぼの遊べるキッズ専用エリアです。スノーエスカレーターがあるので、そり遊びもラクラク。入場料800円(1日)だけで、そりや遊具が使い放題なのも嬉しいポイントです。

 

リラックスルーム

たまにはブーツを脱いでリラックスルームでのんびり

キッズガーデン内には同スキー場のマスコットキャラクター「たんばりん」のお部屋もあり、室内での休憩も可能。ほかにもリゾートセンター内には、気軽に無料で休憩できるリラックスルームや、ドーナツやクレープなどのスイーツが楽しめるショップも設置されています。オムツ換えスペースはトイレ・更衣室にあり、授乳室はレストハウスにあります。

ファミリー向けのお得なパック券が充実しているのも見逃せません。とくに「ファミリー手ぶらくパック」は、お子様のフルレンタル(スキーorボード、ウェア、小物)に大人1名、ジュニア1名のリフト券、さらにお食事券1000円分がセットになったもので、子どものゲレンデデビューにぴったり。ウェブ限定かつクレジットでの前売限定料金なので、出かける前にチェックしましょう。

■たんばらスキーパーク
住所: 群馬県沼田市玉原高原(地図・アクセス
電話:0278-23-9311
オープン:2012年12月1日~2013年5月6日(予定)
料金一例:「ファミリー手ぶらくパック」8500円(大人リフト1日券、ジュニアorキッズリフト1日券、ジュニアorキッズフルレンタルセット(板・ウェア・小物)、食事券1,000円分、※WEBでの前売販売限定)/「親子ペアパック」8400円(大人リフト1日券、ジュニア(小中学生)リフト1日券、食事券2000円分、売店券1000分)/「キッズガーデン入場料」1日800円、半日500円

 

>> 次のページでは、首都圏最大級のゲレンデを紹介!

更新日:2012年12月28日

(公開日:2011年11月18日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する