時短生活/時短生活関連情報

着なくなった服の簡単リメイク術・ベスト5

着なくなってしまった洋服や、ちょっと飽きてしまった洋服をリメイクして、生き返らせましょう! 針仕事が苦手な人も、手芸が得意な人も。誰でもトライできる方法、ベスト5をご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シミがついたり、サイズが合わなくなって仕方なく捨ててしまう洋服も、パーツや布をとっておけば、素敵な小物に大変身。オススメの洋服リメイク術、簡単な順にご紹介していきますよ。

ベスト5 ボタン&リボンで小物をスタイルアップ

ボタンとリボン

着なくなった服のボタンや、いただきものについてきたリボンは、かわいい容器に入れてコレクションしておきましょう。

古くなった洋服を捨てるときには、ボタンやワッペン、ひもなどの小物ははずして。また、プレゼントを頂いたときのリボンも、くるくると丸めて箱に入れて取っておきましょう。

ガイドはこんな風に、ボタン専用の小物入れを用意して、コレクションしています。かわいいびんや、小物入れに入れて飾っておくだけでも、インテリアになりますよ。

 
ポーチとスリッパ

ボタンとリボンをつけるだけで、シンプルなグッズが愛らしく大変身。ボンドで貼り付けるだけでもOK。自分らしさを表現してみて。

こうしてとっておいたボタンを、無印良品のシンプルなポーチと旅行用スリッパにつけてみました。針仕事が苦手な人は、ボンドで貼るだけでもOK! 写真は、ボタン付けの糸に赤い刺繍糸を使用。ファスナー部分に、お菓子の箱を包んでいた赤いリボンをつけて、アクセントにしてみました。ちょっとした工夫で、人とはひと味違ったスタイルを楽しめます。

なんでもないシャツの貝ボタンも、たくさん集めてペンケースや名刺入れの表面にボンドで貼ってみると、とてもかわいく変身できますよ。


ベスト4 はぎれで簡単手作りブローチ

はぎれのストック

はぎれは大きさをそろえてストックしておくと、場所を取りません。パッチワークをするなら、型紙を作って大きさを揃えて。

もう着ることもない洋服でも、はぎれの形にして布地をとっておくと、あとでいろいろ手芸に使えて便利。洋服のままとっておくと場所を取るので、15cm角の型紙を段ボールで作り、この大きさに切ってはぎれにしておくと、コンパクトに保存できます。これはパッチワークなどに使うのに便利。

また、袖や裾を切り落として、布の状態にしたものを、写真のように畳んでひもで縛っておくのもGOOD! この状態なら、ポーチや巾着なども作れますね。

 

はぎれのコサージュ

はぎれで作ったコサージュ。好きな布を切り抜いて、ボンドで貼るだけ。裏側にはコサージュピンを縫い付けるか、ボンドで貼って。

針仕事が苦手! という人は、こうしたはぎれを花の形に切り抜いて、ボンドで貼るだけの、簡単コサージュはいかが? 写真はガイドが作ったはぎれのコサージュ。右はただ、ピンキングはさみで丸く切り抜いた布を、ずらしながらボンドで貼っただけ。簡単なはぎれコサージュの作り方はガイドが製作したこちらのサイトを参照してくださいね。

次のページでは、ウェスにしかならないと思っていたTシャツが、意外な蘇り方をする方法をご紹介!

更新日:2011年10月17日

(公開日:2011年10月06日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    15

    この記事を共有する