パソコンソフト/パソコンソフトの選び方

CD-ROM/DVD/Blu-ray再生・書込・編集ソフトの選び方

CD-ROM/DVD/Blu-rayディスクの動画を再生するためのソフトと、これらのメディアに動画やデータを書き込むライティングソフト、および動画を編集するソフトを紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CD-ROMやDVD、Blu-rayディスクなどの動画を再生したり、逆に書き込んだりするには、専用のソフトが必要になります

CD-ROMやDVD、Blu-rayディスクなどの動画を再生したり、書き込んだり、編集するには、専用のソフトが必要になります

DVDやBlu-rayディスクを利用するには、まずドライブそのものが、これらのメディアに対応している必要があります。対応している場合は、今度はディスクに保存されている動画を再生したり、逆に動画を書き込んだりするためのソフト(ライティングソフト)が必要です。また、動画そのものを編集する際にも、動画編集ソフトが必要です。

本記事では、再生ソフトとライティングソフト、そして動画編集ソフトの選び方を紹介します。


CD-ROM/DVD/Blu-rayディスク再生・ライティング・動画編集ソフトの選択ポイント

Windows 7には、動画を再生するソフトとしてWindows Media Playerが用意されていますし、CD-ROMにデータを書き込む機能も用意されています。また、動画を編集できるWindows Live ムービーメーカーという無料でダウンロードして利用できるソフトもあります。したがって、再生ソフトや書き込みソフト、動画編集ソフトはいらないのでは? と思ってしまいます。

しかし、残念ながらWindows標準では、すべてのメディア(CD-ROMやDVD、Blu-rayディスクなど)に対応できません。また、すべての動画ファイルにも対応できません。動画編集も、より高度なことをしようとしたら限界があります。このため、専用ソフトをインストールして対応範囲を広げる必要があります。

ここでは、DVDやBlu-rayディスクの動画を再生するソフトとして「PowerDVD 11」、DVDやBlu-rayディスクに書き込むライティングソフトとして「B's Recorder 11」、動画編集ソフトとして「Adobe Premiere Elements 9」を紹介します。いずれも定番といえる製品なので、動画をよく利用する方は用意しておくと安心です。

次のページでは、さまざまなフォーマットに対応した動画再生の定番ソフトをご紹介します。

更新日:2011年08月31日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する