簡単一汁三菜レシピ/ご飯・麺のレシピ

甘酸っぱいたれがクセになる、韓国冷麺風そうめん

そうめんというと、薬味にめんつゆでいただくのが定番ですが、暑いときには辛いものと合わせて食べるのも、これまた◎。キムチによく合う韓国冷麺風の甘酸っぱいタレは食欲をそそる味ですよ。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
甘酸っぱいたれがクセになる、韓国冷麺風そうめん

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物そうめん

 

いつものそうめんに飽きたら、韓国冷麺風はいかが

そうめんというと、めんつゆにねぎやしそ、ミョウガなどの薬味というのが定番です。もちろん、それはとても美味しく、さっぱりと食べやすいですが、暑いときには辛いものと合わせて食べるのも、これまた◎。そうめんをキムチを使った韓国冷麺風に仕上げてみました。

韓国冷麺はユッスという牛肉や鶏肉でとっただしを使いますが、今回は市販のコンソメ(ブイヨン)で代用し、あの甘酸っぱいスープに近づけてみました。 酸っぱさ、辛さ、甘さが相まった独特の美味しさは、夏バテも見事に吹っ飛ばしてくれるかもしれませんよ。

韓国冷麺風そうめんの材料(1人分

韓国風冷麺の材料
そうめん 100g
キムチ 適量
1/2個(ゆで卵)
きゅうり 3枚(薄切り)
わかめ (乾燥)少々
鶏胸肉 40g
大さじ1
つゆの材料
200ml
コンソメ 1/2個(ビーフ)
醤油 大さじ1/2
大さじ2
砂糖 大さじ1
少々
ごま油 少々
コンソメは商品によって味が異なりますが、ビーフ味のものがおすすめです。

韓国冷麺風そうめんの作り方・手順

韓国冷麺風そうめんの作り方

1:つゆを作る

つゆを作る
つゆを作ります。鍋に水とコンソメを入れて、火にかけ、煮立ったら、醤油・酢・砂糖・塩・ごま油を加えて混ぜ、火を止めます。冷蔵庫で冷やしておきます。
使用するコンソメによって塩分量が異なりますので、塩を加える前に一度味見をして、調整をしてください。

2:具材を用意する

具材を用意する
鶏胸肉を耐熱容器に入れ、酒を振り、ラップをして、電子レンジで30秒加熱し、ひっくり返して、さらに30秒加熱します。冷めたら、手で細かくほぐしておきます。キュウリを薄切りにし、わかめを水に戻しておきます。

3:そうめんを茹でる

そうめんを茹でる
沸騰したお湯で、そうめんを茹でます。硬めの方が冷麺らしくなります。

4:盛り付ける

盛り付ける
茹であがった素麺の上に、キムチ、きゅうり、わかめ、鶏胸肉、ゆで卵を盛り付け、たれをかけたら、できあがり。
キムチの量は辛さに応じて、お好みでどうぞ。

ガイドのワンポイントアドバイス

つゆさえあれば、そうめんを茹でて、お好みの具材を乗せるだけなので、とても簡単です。つゆは冷えるのに時間がかかりますが、冷蔵庫で2~3日はもちますので、早めに作っておくことをおすすめします。なお、冷蔵庫に熱いまま入れると、他の食材が傷みやすくなるなど影響が出るので、常温に冷ましてからにしましょう。

更新日:2011年08月11日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する