ホノルル/ホノルルのホテル・コンドミニアム

ハレクラニ/ホノルル

ワイキキで一番のサービスと贅沢な時間を求めるなら、迷わずハレクラニへ。ハワイ語で「天国の館」という名に相応しい、くつろぎと安らぎを与えてくれる名門ホテルです。人気のサンデーブランチ、高い技術で定評のスパなど、泊まらずとも出掛けたいスポットがいっぱいです!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オアフ随一、天国の館・ハレクラニ

ハワイ語で天国(LANI)の館(HALE)の名を持つハレクラニ。毎年数々のホテルアワードを受賞

ハワイ語で天国(LANI)の館(HALE)の名を持つハレクラニ。毎年数々のホテルアワードを受賞

数多くのホテルが林立するワイキキで、誰もが一度は泊まってみたいと憧れるハレクラニ。派手なサービスや設備に頼らず、ゲストの快適な滞在をさりげなくサポートする精神は、世界中のセレブやVIPと呼ばれる人たちを魅了。ハワイ語で「天国の館」という意味の名が示す通り、最高の寛ぎを与えてくれる名門ホテルです。

ハレクラニに受け継がれるおもてなしの心

意外なほどこじんまりしているロビーにざわつき感がないのは、長旅の疲れを早く癒して欲しいと、客室でチェックインを行っているから

意外なほどこじんまりしているロビーにざわつき感がないのは、長旅の疲れを早く癒して欲しいと、客室でチェックインを行っているから

ハレクラニをご紹介するうえで忘れてはならないのが、ゲスト1人1人を大切にするおもてなしの心。1917年に5棟のバンガローでスタートした時から、変わらず受け継がれているハレクラニの伝統です。時代とともに建物は改装、拡張されて現在に至りますが、伝統と格式を守りながら、さらに最高のサービスを提供しようとする姿勢は、スタッフの笑顔、レストランの料理、バーのカクテル一杯からも実感できるはず。

さわやかな風が通り抜けるロビー脇のゲートハウス

さわやかな風が通り抜けるロビー脇のゲートハウス

また、賑やかなワイキキにありながら、エントランスに一歩足を踏み入れると、その喧騒が嘘のように静か。館内には華美な装飾はなく、それでいて上質で上品で開放的。低~中層の5棟の建物は広すぎず、それがスタッフとの距離を縮めているようです。

中庭に面して配された「ゲートハウス」「リビングルーム」と呼ばれる2つのラウンジは、いわばゲストのためのリビング。ゆったりとしたソファと美しい生花のアレンジが置かれ、まるで邸宅に招かれているような居心地の良さなのです。

 

ハレクラニのシンボル、オーキッドプール

落ち着いた雰囲気のプールエリア。日当たりが良く、クッションの厚いデッキチェアの数も十分

落ち着いた雰囲気のプールエリア。日当たりが良く、クッションの厚いデッキチェアの数も十分

癒しの海と呼ばれるパワースポット「カヴェヘヴェヘ」

癒しの海と呼ばれるパワースポット「カヴェヘヴェヘ」

ハレクラニと聞いて思い浮かべるのは、あの優雅なオーキッドのプールでしょう。大輪のオーキッド(蘭)は、120万個のモザイクタイルで描かれたもの。プールのサイズとしては決して大きくはありませんが、目の前はワイキキビーチ、ふと目をやれば、ダイヤモンドヘッドが見える最高の環境です。

海沿いにコンクリートの遊歩道が設けらていることから、ホテル前で海水浴ができる砂浜は短いものの、それが、プールエリアの静けさを保っているよう。ちなみに、ハレクラニ前の海は「カヴェヘヴェヘ」と呼ばれ、古代ハワイアンの時代から病を癒すと言われるパワースポットです。

更新日:2014年05月19日

(公開日:2011年09月13日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    7

    この記事を共有する