ED・勃起不全/ED・勃起不全の悩み・体験談

いつまでも「現役の男」でいるための方法

大多数の給与生活者が会社の定めた「定年」を迎えるのに対し、性生活には「定年」がありません。性生活につける見切りは、いわば「自己申告制」。いつまで延長するかは本人次第です。いつまでも「現役の男」でいるためには、どんなことに気をつければよいのでしょうか。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かつて「2007年問題」というものがあったのを覚えていますか?
終戦後の1947年から49年までの3年間に生まれた“団塊の世代”が定年を迎えることに伴う、労働環境へのさまざまな影響を捉えたもので、当時の流行語にもなりました。

この世代は、ファッションや音楽、レジャーなど、文化面にとくに大きな影響を与え、それぞれの年代ごとに新たなライフスタイルを生み出す原動力の役目を担ってきました。しかしその半面、仕事を生きがいと考えてきた人が多いため、第一線を退くことで、生きる目的を見失ってしまう人も少なくありません。

そこで、第二の人生の目的を「性生活」の充実に定めることで「現役の男」を謳歌しようというタフな挑戦者も現れました。
老後の性は、男にとって、世代を超えたテーマなのです。


高齢者の性を考えるにはよい世代

団塊の世代の実年齢は現在、64歳から62歳。厚生労働省の『人口動態統計』によると、団塊の世代の出生数は約806万人。総務省の『国勢調査』(05年)によると、約678万人がご健在。人口比で見ると5%強です。

戦後の「産めよ増やせよ」という国策が反映されているだけに、あらゆる面でボリュームが大きく、文字通り「塊(かたま)り」として、それぞれの年代を重ねてきました。

この世代の特徴のひとつは、既存の考え方に捉われないことです。ですから「ニューファミリー」や「ニューサーティ」に代表されるように、この層の生き方は常に「ニュー」という言葉をつけて表され、旧来の時代とは一線を画する生活様式を提案してきました。

それだけに、団塊の世代が性にどう向き合うか、とりわけ、男としての「現役」をいつまで務めていくかは、今後の高齢者の性を考える上で大いに参考になると思います。


性生活に定年はない 

“仕事一筋”タイプは定年後の目的を見失ってしまうことが多い

“仕事一筋”タイプは定年後の目的を見失ってしまうことが多い

職種による違いがあるため一概には言えませんが、いわゆるサラリーマンには「定年」が訪れます。中には生涯現役を貫く生き方を選ぶ人もいますが、それでも、いつかは仕事の第一線を退くときを迎えます。

これに対して、性生活には定年がありません。仕事以上に、生涯現役を貫くことができるはずです。しかし、定年をうんぬんする前に早々とリタイアする人が多いのではないでしょうか。使える権利を使わないのは実にもったいないことです。

性的に健康な多くの男性が経験しているように、勃起は「男」を実感する最も分かりやすい確認方法です。性交に臨む場面ではもちろん、朝立ちで「男」としての自信を深める人が多いのもそのためでしょう。

「男」のしるしである勃起は、パートナーとの豊かな性生活を導くために欠かせない条件です。充実した性生活はパートナーとの人間的なコミュニケーションを深めるばかりでなく、多方面に良い影響を及ぼすからです。


使わない機能は退化する 

厚生労働省が全国の16~49歳の男女3,000人を対象に、2010年9月に行った「第5回 男女の生活と意識に関する調査」によると、1カ月間性交をしなかった人は45.3%でした。

また、婚姻関係にありながらセックスレスである割合は40.8%でした。同じ調査項目が、

2004年=31.9%
2006年=34.6%
2008年=36.5%

——ですから、日本が着実にセックスレス傾向を強めていることが分かります。
調査対象の年齢を考えると、およそ半数近くが「定年前にリタイア」していることになるのです。

ヒトの体は、使わない機能から退化するようになっています。ベッドに寝たままの状態が続くと足腰が衰えるのと同じ理屈です。逆に、いつも使っていれば、衰えを防ぐことができます。同じことは陰茎にも当てはまります。


「一日一勃」で自信をつける 

日ごろの体調管理は「現役の男」でいるための欠かせない条件

日ごろの体調管理は「現役の男」でいるための欠かせない条件

陰茎の動脈は内径(1mm~2mm)が冠動脈(心臓に関与、3mm~4mm)や内頚動脈(脳に関与、5mm~7mm)よりも狭いので、体の中で最初に動脈硬化の影響を受けます。

このことから、一種の血管障害である器質性のED(勃起不全、勃起障害)は、将来起こり得る心筋梗塞や脳梗塞を知らせる危険信号でもあると考えることもできます。

勃起は、陰茎の動脈の萎縮を防止するばかりでなく、射精時に前立腺の血流を促します。
つまり、陰茎の動脈が健康であれば、器質性EDを防ぐことができる、とも考えられるのです。

こうしたことから、健康な高齢者がパートナーとの性生活を持続することは、生活習慣病のすべてに関わっている血管の病気を防ぐ上でも有用と考えられています。

場合によっては、定期的なマスターベーションも、勃起による血流促進という点では、本試合に備えた有効な「自主トレ」となるでしょう。

いずれにせよ「現役の男」でいるためには、無理なく勃起するように、体調管理を怠らないことです。その意味では「一日一善」ならぬ「一日一勃(たち)」に努めることも肝心です。

ただし、中高年の性生活にはそれなりの節度が必要。加齢に伴う体力的な衰えを考えずに行うのは無謀です。ときには「実戦」を見合わせ、「イメージトレーニング」に切り替えてみましょう。



>>EDになりやすい年齢って?
>>高齢者だからって…。ED治療を諦めない!
>>もう「高齢」のせいにはしない!


※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。

更新日:2011年07月19日

あわせて読みたい