ドバイ/ドバイの通貨・物価・予算・両替

ドバイの通貨・両替

日本でドバイ(UAE)の通貨ディルハムを用意するには、両替する場所も限られているし手数料も相当かかります。現地での両替方法やクレジットカード事情をご紹介いたします!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイの通貨と両替事情

ドバイクリーク

ドバイの金融関連施設が立ち並ぶ、ドバイクリークの風景

いざドバイ旅行に出かける前に、ドバイの通貨、両替、クレジットカードなど事前に知っておいて損のない、知っていると安心するお金に関して解説していきます。

ドバイの通貨ディルハム 

ドバイの通貨ディルハム

ドバイの通貨ディルハムには、8枚の紙幣と3枚のコインがあります。(記念コインなどは省く)旅の指さし会話帳ドバイより抜粋

ドバイの通貨、ディルハム(DHやAEDと表示される)には、8種類の紙幣と3種類の硬貨があり米ドルの為替と連動しています。

1米ドルは、いつでも3.6725ディルハムの固定相場制。円高の今なら、日本円をドバイで両替するよりも、日本でドルを入手して、現地でドルからディルハムに両替するのがお得です!

両替する現金の目安としては、カードを駆使して滞在日数を5日間と仮定した場合、3万円分くらい(約1,200ディルハム)で十分かと思います。もちろんホテルや訪れる観光スポット、レストラン、スパなどによっても大幅にかわってくるので、あくまで目安です。


 

どこで両替をする?

dhs

ドバイのカラフルなディルハム紙幣

ディルハムへの両替ができる場所は大きく分けて6つ。町の両替屋、ショッピングモールの両替屋、ドバイ国際空港の両替コーナー、大手銀行、ホテルのフロント、もしくは日本の空港の両替所など。

なるべく簡単に、なおかつ安心でお得な方法というと、まず一番レートがよいのが街の両替屋です。MONEY EXCHANGEの看板が掲げられているので、すぐに見つけることができます。ガイドがよく利用するのは、シェイクザイード通りの「トーマスクック」(Al Rostamani Exchange)。お店と担当者と運にもよりますが、両替額が多いと、ちょっぴり良いレートをくれることがあります。余裕があれば事前に電話でレートを交渉するという裏技も。その際は、担当者の名前を聞いておきましょう。

大型ショッピングモールにある両替屋も、ホテルのフロントに比べると手数料など悪くはありません。往復のタクシー代や時間を捻出して、路面両替ショップに行くことを考えれば、限られた時間を有効活用できるショッピングモールは大変便利で、実は路面店に行くより結果的にはお得かもしれませんね。

信頼できる旅行会社の現地ガイドさんなどと話をする機会があれば、近くにあるおすすめの両替所を聞いてみるのも一つの手です。スケジュールと相談しながら、自分に合った両替法をご選択ください。

<DATA>
■Thimas Cook AL Rostamani Exchange(アル・ロスタマーニ エクスチェンジ)
ドバイモール、イブンバトゥータモール、モールオブジエミレーツをはじめ便利なロケーションに多く店舗を構える両替屋。シェイクザイード通りなどの路面店もある。

ATMを利用する

ドバイにはショッピングモールをはじめ、各所にATMが沢山設置してあります。利用できるクレジットカードを持っていれば、とりあえずはATMから現地通貨ディルハムをキャッシングすることができます。

念のため、自分の持っているクレジットカードがドバイのATMで利用できるかを事前確認しておくと安心ですね。手数料なども把握しておきましょう。また、忘れがちな暗証番号も必ず事前にご確認を!

ドバイのクレジットカード事情

ドバイでは、ほとんどのホテル、レストラン、ショッピングモール、スパなどでクレジットカードが広く使われています。ただ、スークの中にある小型店や路面レストランなど、高額取引がないであろう場所では、クレジットカードを使えないところもあります。

ビザ、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナース・クラブなどのクレジットカードは、どこでもほぼ使用可能ですが、JCBは使えないところもありますのでご注意を。

ディルハムが余ったら?

ディルハムから円への両替は、できるところの少なさやレートも考慮し、考えないようにすることが良いかもしれません。ディルハム建て預金ができる銀行もありますが、現金振り込みのみの取扱いとなることも。窓口で入金ができないことなども難点。

クレジットカードが使える場所では、クレジットカードを利用し、できるだけ最小額をディルハムに両替。最終日には、思い出にとっておきたいコインなどは別として、空港免税店などで、手持ちのディルハムを全部使うか、空港や航空会社が行っている基金に寄付、というのが現実的にいいかもしれません。

参考記事:ドバイの物価と旅の予算

更新日:2011年07月29日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する