ジョギング・マラソン/東京マラソン徹底解説&レポート

東京マラソン2012、出場確率の高め方

マラソン定員の2500人増やチャリティ枠の増加など、募集方法が多様化した東京マラソン2012。従来通りの一般募集枠の当選確率は昨年同様、あるいはそれ以上の厳しさが想定されますが、費用はかかるが当選確率を上げる方法も増えました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先行して出場5人が決定『Challenge 10K』

味の素スタジアムにランナーの花畑ができた

味の素スタジアムにランナーの花畑ができた
 

ゲストに芸能人最速女子ランナーの呼び声高い大櫛エリカさん

ゲストに芸能人最速女子ランナーの呼び声高い大櫛エリカさん
 

コース上に応援はほとんどなくちょっと寂しい

コース上に応援はほとんどなくちょっと寂しい
 

東北6県から売店も出た。共にがんばろー

東北6県から売店も出た。共にがんばろー

東京マラソン2012に向けて、ランナーのレベルアップをはかるランニングイベントとして、6月18日(土)、東京・調布市にある味の素スタジアムを会場に『START TO 2012「ともに、走ろう!」Challenge 10K』が開催されました。

主催は、東京マラソンを主催する一般財団法人東京マラソン財団。味の素スタジアムを会場に競技場外のコンコースをスタートし、都立武蔵野の森公園内を2往復して競技場内のフィニッシュに戻る特設コースで、1879人の参加者を4部に分けてのタイムレースです。

参加料は一般と東京マラソン財団が募集する東京マラソン公式クラブ「ONE TOKYO」クラブメンバー(会費無料)が4800円、プレミアムメンバー(年会費4200円)が3900円です。参加賞(ミニタオル)からするとお高い感なきにしもあらずですが、1時間30分以内で完走したランナー(大会当日19歳以上のこと)の中から抽選で5名にはいち早く、東京マラソン2012への出場権(出場料は別途必要)が得られるとあって、みなさん気合いの入り具合は十分。ほとんど応援や観戦者のいないやや寂しいコースでしたが、全参加者中1時間30分を切れなかったのはお一人だけでした。
当選した5人は満面の笑み。35500人のトップを切っての出場権獲得です。

会場には、東北各県の特産物販売コーナーも設けられ、ランナーも販売する各県の方とがんばろうのエールを交換する風景も。
東京マラソン財団によれば、今後もこうした10km大会を開催する計画があるとのことです。そうした大会に出場することで、当選確率は確実に上がります。しかし、さらに当選確率を上げる方法があります。それを次ページで紹介しましょう。

更新日:2011年06月20日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する