家族のお弁当レシピ/短時間で作るお弁当レシピ

残り物の刺身で簡単!かつおと野菜の焼きびたし弁当

食べきれずに残ってしまったお刺身は、ぜひ焼きびたしにしてお弁当に。ただ焼いてタレに漬けるだけの簡単レシピですが、味は抜群。冷蔵庫にある野菜も一緒に焼いてご飯の上にのせれば、立派なお弁当になります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
残り物の刺身で簡単!かつおと野菜の焼きびたし弁当

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかず焼き魚

 

お刺身の残りが簡単変身、鰹と野菜の焼きびたし弁当

食べきれずに残ってしまったお刺身は、ぜひ焼きびたしにしてお弁当に。ただ焼いてタレに漬けるだけの簡単レシピですが、味は抜群。冷蔵庫にある野菜も一緒に焼いてご飯の上にのせれば、立派なお弁当になります。

かつおと野菜の焼きびたし弁当の材料(2人分

かつおと野菜の焼きびたし弁当
かつお 刺身1/2サク
しいたけ 2つ
パプリカ 赤・黄それぞれ1/4個
なす 1/2本
ししとう 4つ
ねぎ 1/3本
ご飯 2人分
漬けダレ
醤油 1/4カップ
大さじ2
米酢 大さじ1.5
砂糖 大さじ1/2
生姜 1かけ
今回はかつおを使いましたが、マグロやぶり、はまちなどのお刺身でもOK。野菜も同様で、冷蔵庫にあるものを活用して下さい。

かつおと野菜の焼きびたし弁当の作り方・手順

鰹と野菜の焼きびたし弁当

1:野菜を切る

野菜を切る
 しいたけは石づきをとってカサの部分に包丁を入れて×印をつけます。なすは輪切りにして水につけてアク抜きした後、水気を拭き取ります。ねぎは食べやすい長さに切って、太いものは縦半分に。ししとうはヘタを取り除きます。パプリカは種とヘタを取って食べやすい大きさに切ります。

2:漬けダレを作る

漬けダレを作る
 鍋に漬けダレ用の調味料をすべて入れ、火にかけます。沸騰したら火を止め、千切りにした生姜を加えます。

3:野菜を焼く

野菜を焼く
フライパンにサラダ油を熱し、野菜に焼き色がつくまで焼きます。

4:焼いた野菜をタレに漬けこむ

焼いた野菜をタレに漬けこむ
 野菜は、焼けた順に漬けダレに漬けていきます。余熱でも火が通るので、あまり焼き過ぎないようにすると、色がきれいに出ます。

5:かつおをタレと共に炒りつける

かつおをタレと共に炒りつける
 野菜を焼いたフライパンに、そのまま油を薄く敷き(分量外)カツオを焼きます。両面に焼き色がついたら、漬けダレを大さじ3程度ふりかけて、焦がさないようにテリができるまでよく焼いてタレをからめます。

6:弁当に盛り付ける

弁当に盛り付ける
 お弁当の半分の高さまでごはんを入れて、その上にタレに漬けた焼き野菜やカツオをのせていきます。 具を並べる時は、なるべく同じ色が隣り合わせにならないように盛り付けると、全体が美しくみえます。

ガイドのワンポイントアドバイス

生姜とお酢を効かせることで、魚の臭みもなくなり、味もしまっておいしくいただけます。かつおは、焼きながらタレを煮詰めてからませるのがポイント。味がしっかりついて、臭みなくおいしいのに加え、照りをつけるろ見た目にもおいしくなりますね。

更新日:2011年06月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する