島田佳奈の恋愛コラム/島田 佳奈の恋愛情報

彼に愛される“自分磨き”とは

ステキな出会いのため、彼にもっと愛されるために自分磨きに精を出す女性は多いと思います。でもそれは本当に彼のためになるのでしょうか? 自分では魅力倍増しているつもりが、恋愛的には勘違いということも。果たして、彼に愛される真の自分磨きとはーー?

この記事の担当ガイド

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシーの“女豹”ライター。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどの自分磨きは自己満足

undefined

「他の女よりも美しくならなきゃ!」それはあなたの自己満足。美しくなることと彼に愛されることは、イコールとは限りません。

■外見磨きも大事。だけど……
「自分磨き」は、大人の女性にとって永遠のテーマ。内面磨きももちろんのこと、おそらく女性のほとんどは外見磨きをイメージするのではないでしょうか。

女性に生まれたからには、女らしくセクシーでありたいのは当然。好きな彼を夢中にさせるような、スタイルと美貌を手に入れたいと思うはず。だけどもしあなたが望むような美しさを手に入れたところで、彼は夢中になってくれるのでしょうか。

答えはNO。ほとんどの男性は、女性のあなたが思うほど外見へのチェックは厳しくありません。好みもありますが、決してガリガリのモデル体型ばかりがモテるわけではないように、むしろ完璧な美より少々スキがあるほうが、男性ウケはいいのです。

たとえばジェルネイルで盛られた指先も、男性からみれば自己満足の世界。長くて不潔っぽく見える爪よりも、短く切り桜色に塗られたネイルのほうが、男性からの好感度は高いはず。

男性が女性を見る目は意外と保守的。どんなファッションが流行ろうと、清潔感のある女性が好まれるのは、いつの時代も変わりません。目が2倍大きく見えるメイクを練習するよりも、素肌の美しさに気を使うほうが愛される近道です。

■性格は変えられなくても
内面磨きも大事な課題。しかし実際のところ、何をどう磨けばいいのかわかっていない人は多いのではないでしょうか。ベストセラーの本を片っ端から読んでみたところで、あなた自身の心が動かされなければ何の意味もありません。それならば、友人や上司や後輩などいろんな立場の人とじっくり会話をするほうが、ずっと学びは多いはず。

そもそも人生の根幹が揺らぐほどの事件やショックでも経験しない限り、人間の本質を変えるのは容易なことではありません。

たとえばダイエット。ほとんどの人は「明日からがんばる」と決意しても、ひと月もしないうちに元通りになってしまいます。たかが食生活やちょっとの運動でも、ライフサイクルに組み込んで習慣化するのは難しいという代表例です。

では何もしなくてもいいのかといえば、それも違います。

この世に完璧な人間など、どこにもいません。だからこそ、私たちは「もっと成長したい」と常日頃から考えています。内面磨きはむしろ、ライフワーク的に取り組む事柄です。「彼にもっと愛されたい」などその時々で目的を持つことは、モチベーションアップに役立つでしょう。

結局は自己満足の域を出ないかもしれませんが、大事なのは心がけ。
「別に何もしなくても」と怠惰に生きている人と、常に「もっと魅力的な人になりたい」と考えている人では、長い人生の間には大きな差が出るはず。

ピントをどこにも合わせていなければ何も発見できないし、何も得ることもありません。逆に常日頃から意識していれば、あらゆるものにフォーカスが合いやすくなり、結果、多くのものを吸収し、おのずと深みのある人間に成長できるのです。

好きな人に愛される「自分磨き」について、さらに掘り下げてみましょう。

更新日:2011年05月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する