プリウス/プリウス

プリウスαは“実質”160万円のステーションワゴン

プリウスワゴンと呼ばれていた「プリウスα」をプリウスと比較すると、価格設定は高くなるが、室内空間は格段に広くなる。気になるのは燃費だが、走行距離によっては“実質”の価格は160万円のステーションワゴンに相当することも。中古車としても人気のプリウスαのメリットとデメリットとは?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリウスファミリーに新モデル「プリウスα」追加!

トヨタundefinedプリウスα

プリウスのトライアングルシルエットを継承しつつ、同社のコンパクトミニバン・ウィッシュに近いディメンションとなっている。価格は5人乗りモデルが235万円~、7人乗りモデルが300万円~となる

プリウスワゴンと呼ばれていた「プリウスα」が発売となった。悩ましいのは価格設定。2列シートのグレードを見ると、多少室内空間広くなるもののプリウスより30万円高い。3列シートを選ぶなら、同じトヨタのミニバンであるウィッシュというチョイスもある。

果たしてプリウスαの魅力はいかに?

まずプリウスとの差から。エンジンやハイブリッドシステムなどの変更無し。単純にボディサイズが大きくなった分だけ車内スペースを拡大している。プリウスのリアシートも十分な広さを持つけれど、プリウスαなら余裕で足を組めるほど。

4人でゴルフに行けるプリウスα

トヨタundefinedプリウスα

プリウスファミリーに新たに加わった「プリウスα」は、5人乗りのステーションワゴンタイプと、7人乗りのミニバンタイプを用意。今までのハイブリッド専用モデルにはなかったカテゴリだ

ラゲッジスペースもステーションワゴンに匹敵する。プリウスだと大人4人+海外旅行用大型トランク4つは厳しいが、プリウスαなら余裕。ゴルフバッグ4つだって楽に飲み込む。プリウスに対するマイナスポイントは、10%程度落ちる燃費と前述の通り30万円高の価格。

街中で普通にプリウスを運転すると22km/L程度。プリウスαだと同じ条件で20km/Lみたいなイメージ。先代プリウスから乗り換えを検討している人は「燃費悪くなるならどうしようか」と思うだろうけれど、普通のクルマに乗っている人であれば十分魅力的かと。

この記事を読んで良かったですか?

良かった

18

更新日:2014年02月13日

(公開日:2011年05月13日)

あわせて読みたい